« 『ラブリー・ボーン』 | トップページ | 『ハートロッカー』祝キャスリン・ビグロー! »

2010年2月24日 (水)

『ゴッドファーザー』──美しきアル・パチーノ

 東宝系のデジタル・リマスターによる、『午前10時の映画祭』で、今日見ました。テレビなどの放映で部分的に見たことがあったけど、完全な作品として劇場で見たのははじめて。

 知的で物静かでおとなしい堅気の末っ子マイケルが、「いかにしてドンになっていくか」の話。キレやすい長男ソニー役の、ジェームズ・カーン、養子の弁護士トム役の、ロバート・デュバル……みんな、若い! とくに、アル・パチーノと、ロバート・デュバルは、憂愁を湛えた青年で声も若々しい。ご両人とも、今のヨレヨレのオジン姿が、信じられない(笑)。

 この作品は、70年代当時見るのと、2010年の今見るのとでは、意味合いが違ってくる。暴力は思ったほど激しくない。むしろ美しい抑制が効いている。そして、なにより、「助演」の三男マイケルが、主役のように見える。これは、マイケルの、青春物語なのだ。編集も、構成も、脚本も完璧である。監督のコッポラは、33歳の若さで撮りあげた。これほど完璧な作品を撮ったためか、その後、本作以上の作品がない。ひどい失敗作もいくつかある。あの有名なテーマ曲のノスタルジックで甘いメロディーととも、時のうつろいゆく早さを思わせる。

 ああ、アル・パチーノがあんなに美しかったとは……。いまの、ジェイク・ギレンホールに生き写しのまなざし……惚れた(笑)。時間とは、まったく不思議なものだ。
 そのパチーノが、シシリー移民の子とあれば、彼の実際の半生とも重なる。睡眠時間1時間で見にいったけど、眠る場面がなかった(笑)!

« 『ラブリー・ボーン』 | トップページ | 『ハートロッカー』祝キャスリン・ビグロー! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ゴッドファーザー』──美しきアル・パチーノ:

« 『ラブリー・ボーン』 | トップページ | 『ハートロッカー』祝キャスリン・ビグロー! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト