« 『バーナンキは正しかったか?』 | トップページ | 『会計HACKS!』(小山龍介+山田真哉著) »

2010年5月16日 (日)

『グリーン・ゾーン』

 映像がブレていたという評者がいらっしゃいましたが、ハンドカメラで臨場感を狙っているのだから、ブレるのがあたりまえでしょう(笑)。
 しかし、本作は決して「ドキュメンタリー」ではない。「ドキュメンタリー」とは、まったく異なったスタンスで作られている。伝えたいのは、なんらかの「メッセージ」ではない。「結果」が出てから作っても……などという評者もおられましたが(笑)、本作は、べつに、イラクの潔白を描こうとしたのでも、アメリカの悪巧みを描こうとしたのでもない。ただ、「戦場」を、21世紀の戦場を描こうした映画である。

 なんだ、戦争を描いて楽しむのか、けしからん。という意見は間違っている。そういうことを言い出したら、殺人を、レイプを、民族浄化を、エンターテインメント映画として描いたものはすべて「けしからん」ことになる。倫理的に正しい題材だけを選んでいたら、映画はべつの何かになってしまうだろう。

 そもそもの誤解は、エンターテインメントとはなにかということにある。それは、べつに、「あはは、あはは」と笑って観るものという意味ではない。
 フィクションとして人の想像力に訴えるものは、すべてエンターテインメントであり、その作品に対して、お金を払ってもよいと考えられる価値のあるものがエンターテインメントである。

 監督のポール・グリーングラスは、エンターテインメントの内実を、そのようにレベルアップした。彼の意図をよく理解して肉体化したマット・デイモンもしかり。

 本作は、もはや、旧式のアタマでは理解できない新しいエンターテインメントでもある。ほんもののイラク戦争帰還兵を90%起用した作りにも、それは現れている。

 さらに言うなら、そういうエンターテインメントでありながら、人の良心をテーマとして問う哲学にもなっている。

|

« 『バーナンキは正しかったか?』 | トップページ | 『会計HACKS!』(小山龍介+山田真哉著) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『グリーン・ゾーン』:

« 『バーナンキは正しかったか?』 | トップページ | 『会計HACKS!』(小山龍介+山田真哉著) »