« 私の政治観 | トップページ | 『十三人の刺客』分析 »

2010年9月29日 (水)

『十三人の刺客』──世界に出せる脱構築時代劇エンターテインメント

 紋切り型の時代劇から完全に脱し、あらたな時代劇エンターテインメント像を作り上げている。しかし、ディテールや台詞回しはむしろていねいかつ地味に積み重ねられている。

 日本映画は、『宇宙戦艦ヤマト』のような、ハリウッドSFものまねをつくっても、ちゃちさが目立つだけでとうてい及ばない。本作は、日本映画が世界に出て行くひとつの道を示したものと言える。

 『13人の刺客』というタイトルから、赤穂浪士の『47人の刺客』を思い出したが、それとはまったくべつの筋立て設定であった。こちらの方がほんとうの「刺客」であろう。江戸時代といえど、ただ漠然と描き出すのではなく、江戸末期、明治に近い時代のできごととして、まさに「ラストサムライ」たちの生き様を描いたものと言える。

 選ばれる刺客たちの、キャスティングもよい。若い、あまり顔の知られてない俳優が並び、その若さが、エネルギーとはかなさを、江戸という閉じられた時代の闇にきらめかす。主役の役所広司の人柄を感じさせるサムライもいいし、その甥の山田孝之のマイケル・ジャクソン(笑)を思わせる風貌も抜きんでている。名もない山の民でありながら、重要な役どころとなる伊勢谷友介の伸びやかな体全体を使ったパフォーマンスも魅惑的だ。また、平幹次郎、松本幸四郎、松方弘樹など、かつての時代劇のスターたちが、脇を支えるのも、本作を安定させる。

 そしてそれだけの「正義の味方」にたったひとりで対する「悪役」、稲垣吾郎は大したものだ。役が役だけに、ファンは減るかもしれないが(笑)、そういうリスクを取るのは、役者として大成への道である。

 もうひとつ、本作がただのエンターテインメントに終わらず芸術作品となり得ているのは、物語を少しズラしてみせる、脱構築である。それゆえ、「肝心なところで映画を壊している」などという、俗なドラマにとらわれた観客の感想がまま聞かれる。脱構築とは、覚めた目で物語をとらえることでもある。三池崇史は、どうもそういうものを心得た監督と見た。


Book十三人の刺客 (ビッグコミックススペシャル)


著者:池宮 彰一郎

販売元:小学館

発売日:2010/09/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する


デリダとの対話―脱構築入門 (叢書・ウニベルシタス)Bookデリダとの対話―脱構築入門 (叢書・ウニベルシタス)


著者:ジャック デリダ

販売元:法政大学出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 私の政治観 | トップページ | 『十三人の刺客』分析 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

初めまして。ブログ巡りをしていて偶然、こちらのブログを拝見させて頂きました。
『刺客』に対する評価などとても興味深く読ませて頂きました。
私はSMAPファンなので吾郎くんの演技についての評価もとても嬉しかったです。
少なくとも私はこの映画での吾郎くんを観てファンを辞めたりはしません(笑)それどころか益々役者としての幅が広がって嬉しいです。
ファンは減るようなことはないと思います。

突然のコメント失礼致しました。

投稿: YUMI | 2010年9月29日 (水) 12時49分

YUMI さん、コメントありがとうございます。

「ファンが減る」──ちょっと言葉が足りなかったようです。「表面的なファン」は減る、で、ほんとうに彼を役者として評価するファンはむしろ増えるでしょう。

投稿: 山下晴代 | 2010年9月29日 (水) 14時53分

「13人の刺客」私は良くなかったです
たぶん、はじめての方にはある意味、衝撃があったと思います
しかし、前作を見たものとしては
どうしても新鮮味が薄れます
映画はオリジナルを越えることは
難しいように思います
アメリカ映画はよくリメイクしますが
英語圏の商売に熱心だけなのでは?

吾郎ちゃんは良かったです

投稿: グールドの帽子 | 2011年6月28日 (火) 00時04分

私は48年前に封切られた、工藤栄一監督作を見ておりませんので、なんとも言えませんが、50年近くも前の映画と比べてみてもしょうがないのではないかと思いますが……。

映画レビューは、書く気になったときだけ、ここに……↓

http://my.movies.yahoo.co.jp/profile-.FR_.1qAZy_P1owIf5DFyyC8u9I-

見ても書くにならないものもたくさんありますしね。

関心持ちすぎて書いてない(笑)ものもあります。そういうのは、PC+DVDで、ときどき画面を止めて、分析しながら見ます。
ときに、私も、イタリアからのポストカードほしかったかな〜(笑)。

投稿: 山下晴代 | 2011年6月28日 (火) 01時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522563/36983312

この記事へのトラックバック一覧です: 『十三人の刺客』──世界に出せる脱構築時代劇エンターテインメント:

» 『十三人の刺客』お薦め映画 [作曲♪心をこめて作曲します♪]
13人VS 300人という数の差はちゃんとあって、斬っても斬っても次から次に敵が出て来るし、斬り合いがいちいち長い。とにかく長い。時代劇はド派手な大立ち回りがなくっちゃという方、「あー、こんな時代劇が見たかった!」 ということ間違いなし。チャンバラ世界にタイムス…... [続きを読む]

受信: 2010年10月10日 (日) 10時14分

« 私の政治観 | トップページ | 『十三人の刺客』分析 »