« 『読んでいない本について堂々と語る方法』──しかし本書だけは読了してしまう(苦笑)魅惑の書 | トップページ | 『悪人』──地獄のない地獄 »

2010年9月10日 (金)

『脳がヨロコブ生き方』──好奇心こそ宝

『脳がヨロコブ生き方』(茂木健一郎著 ヒカルランド 2010年8月刊) 

 自己啓発系の著書が多いように思われる茂木健一郎であるが、本書は題名はその流れながら、その系統の本ではない(出版社は、氏の「デビュー作」を出してくれた編集者が独立して作った会社だそうで、「恩返し本」のようである。そのためか、氏の「知名度の高い本」の題名を利用して売ろうとしているのだろうが、それはむしろ逆効果になっているかもしれない)。これは、氏のブログをまとめた本であるが、ありがちな、私生活、それも、一般の読者には縁のないような、「セレブな日々」を垂れ流しに綴ったものでもない。

 いわば、日々の思考のエキスのようなものが、加工を加えず自然のままに綴られている。それゆえ、なにかのテーマのもと、全体を構築していくような文章ではない。意外にも詩的な言葉が美しく流れていく。

 そのなかに、われわれがインスパイアされるものが多々ある。そこには氏の、フェアな姿勢が自ずと現れている。体系的な哲学書を読むような充実感はないが、頭を働かせるとっかかりにはなる。氏のルーティンに添うことによって、われわれ読書は、おのれのルーティンを計画できるのではないか。

 文章には、人格のすべてが表れる。本書から窺われるのは、氏の謙虚で良心的な人柄であり、好奇心こそ宝という思想のベースである。

 1日1日のブログを収録したものではあるが、日付はない。それだけでも、どこか爽やかだ。


脳がヨロコブ生き方 楽しめばすべてがうまく行く (超☆サプライズ)Book脳がヨロコブ生き方 楽しめばすべてがうまく行く (超☆サプライズ)


著者:茂木 健一郎

販売元:ヒカルランド
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« 『読んでいない本について堂々と語る方法』──しかし本書だけは読了してしまう(苦笑)魅惑の書 | トップページ | 『悪人』──地獄のない地獄 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『脳がヨロコブ生き方』──好奇心こそ宝:

« 『読んでいない本について堂々と語る方法』──しかし本書だけは読了してしまう(苦笑)魅惑の書 | トップページ | 『悪人』──地獄のない地獄 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト