« 『悪人』──地獄のない地獄 | トップページ | 『RELAX HACKS!』──リラックスしてる場合じゃない(笑) »

2010年9月21日 (火)

『恋』──日本の長編にありがちな枚数稼ぎの「情痴小説」

 かなりの長さで、物語が破綻なく書かれてはある。一見「力作」である。しかし、これを外国語、たとえば、英語やフランス語に翻訳し、世界に出せるか? 出したら、たんなる三文小説だろう。日本の長編小説にありがちなパターンであるが、無駄な描写でいたずらに枚数を稼いでいる感がある。本作は400字詰め原稿用紙に換算して1000枚ほどだと思うが、「情報量」は100枚程度のものである。

 どの登場人物も、「物語」を語るための「道具」でしかなく、実際に生きている感じがしないし、共感もできない。本作をミステリーとして引っ張っていくサスペンス=「秘密」は、最後まで意味ありげなのであるが、その「秘密」は意外でもなんでもなく、誰でも予想のつく凡庸なものである。

 70年時代とその時代を生きた人々を題材にしたということであれば、藤原伊織の『テロリストのパラソル』の方が、文学としてリアリティがある。
 
 「浅間山荘事件」が時代背景としてあり、まるで関係あるかのように書き始められているが、あの「歴史的な事件」について、たとえフィクションでもなにか作者なりの見方があるのか、そういう興味で読み進んでいったが、結局、それは、「アクセサリー」にすぎなかった。作者がその世代に属し、それに拘りたいのだろうが、実際には、そこまで踏み込んでいない。ただ、これを情痴小説と見れば、それなりの鑑賞には耐えうる。

恋 (新潮文庫)Book恋 (新潮文庫)

著者:小池 真理子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« 『悪人』──地獄のない地獄 | トップページ | 『RELAX HACKS!』──リラックスしてる場合じゃない(笑) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『恋』──日本の長編にありがちな枚数稼ぎの「情痴小説」:

« 『悪人』──地獄のない地獄 | トップページ | 『RELAX HACKS!』──リラックスしてる場合じゃない(笑) »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト