« 『十三人の刺客』分析 | トップページ | 『街場のメディア論』──メディアの寵児、メディアを叱る(笑)? »

2010年10月 3日 (日)

『15分あれば喫茶店に入りなさい。』──常に勉強している人の、軽く中身の濃い本

『15分あれば喫茶店に入りなさい。 』齋藤孝 (幻冬舎 2010年9月刊)

いかに効率的に仕事や勉強をするかのハウツーを公開した本というのは、出尽くした感もあり、「喫茶店で仕事や勉強しよう」→もうやってる……となる。しかし、本書の力点は、「15分あれば」におかれている。10分しかなかったら、喫茶店に入る人はそういないと思う。しかし、齋藤孝は、あえて、そうする。どういう理由で? また、なにをするのか? どういう道具を持って? それらが、「タクティクス」として説明されている、

 普通、どんなに良心的な著者でも、「企業秘密」に近いようなパーソナルな方法というものは公開してないと思うが、本書にはそういう「新鮮な情報」が結構詰まっている。

 つまり、齋藤孝は、常に勉強し向上しているので、こういうものを公開しても、「次の段階」に行ける余裕があるのだろう。日々変化し溢れ続ける、玉石混交のビジネス書の山から、まず抜き出したい1冊である。

 装丁も、重量が軽い、さらっとした手触りの紙に、やわらかな印象のエンジの活字で、手にも目にも心地よい。

*****

 「お写真」は、「猫が気になるわん太」

Img_2408

15分あれば喫茶店に入りなさい。Book15分あれば喫茶店に入りなさい。

著者:齋藤 孝
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 『十三人の刺客』分析 | トップページ | 『街場のメディア論』──メディアの寵児、メディアを叱る(笑)? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 『十三人の刺客』分析 | トップページ | 『街場のメディア論』──メディアの寵児、メディアを叱る(笑)? »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト