« 『街場のメディア論』──メディアの寵児、メディアを叱る(笑)? | トップページ | 『ナイト&デイ』──「普通の女」の時代 »

2010年10月11日 (月)

『上杉隆の40字で答えなさい』──真のジャーナリスト

『上杉隆の40字で答えなさい~きわめて非教科書的な「政治と社会の教科書』 (大和書房 2010年9月刊)

 フランスのLe Mondeや、Liberation、イギリスのBBC、アメリカのNY TImes、CNNなどをネットで読み、日本のできごとがどのように扱われているか比較検討していると、日本のメディアが、上杉氏の言っているとおりであることは納得できる。

 欧米のジャーナリストは個人的思想をベースに記事を書くが、日本の、とくに、大手の組織に属している「社員」のジャーナリストには、そういう「顔」は、許されない。テレビのコメンテーターも、新聞の社説も、一律、どこかで聞いたような、紋切り型意見しか吐かない。

 個人の責任でものを言っている場合には、その思想がたとえ偏っていても、「事実」については推測できる。偏っているぶんを、読み手が調整すればいいのだから。しかし、一律同じような大儀名文は、では事実はどうなのか、ということが見えにくいし、責任の所在も見えにくい。

 その意味では、日本には、真の意味でのジャーナリズムは存在しないかもしれない。上杉氏のスタイルがあたりまえのようになるべきである。

 池上彰氏と比較されているレビュアーがいらっしゃったが、池上氏こそ、不明確なジャーリストの代表のようなものである。だいたい、この人の文章読んでも、肝心なところは微妙に省かれているので、私的には、氏の本には、もう手が伸びない(笑)。

上杉隆の40字で答えなさい  〜きわめて非教科書的な「政治と社会の教科書」〜Book上杉隆の40字で答えなさい  〜きわめて非教科書的な「政治と社会の教科書」〜

著者:上杉 隆
販売元:大和書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 『街場のメディア論』──メディアの寵児、メディアを叱る(笑)? | トップページ | 『ナイト&デイ』──「普通の女」の時代 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『上杉隆の40字で答えなさい』──真のジャーナリスト:

« 『街場のメディア論』──メディアの寵児、メディアを叱る(笑)? | トップページ | 『ナイト&デイ』──「普通の女」の時代 »