« 『15分あれば喫茶店に入りなさい。』──常に勉強している人の、軽く中身の濃い本 | トップページ | 『上杉隆の40字で答えなさい』──真のジャーナリスト »

2010年10月 7日 (木)

『街場のメディア論』──メディアの寵児、メディアを叱る(笑)?

『街場のメディア論』内田樹(光文社新書)
 
 本書で言われてることは、「しごくもっともな」ことである。さすが、人気の書き手、「メディアの寵児」である。しかし、これは、「大学の先生」の論理である。ということは、若い学生には、大変ためになるかもしれない。しかし、いいおとなが、それも、なにか知的思考をしようとするおとなが読むのに値するかどうか? 電子書籍に対する、紙の書籍の擁護に、書棚の見栄効果をあげているが、だいたい、見栄で、「書籍を配架する」(内田樹は、タメ語調のエクリチュールに、さりげなく、こうした漢語を混じらせ、「くだけている」が、「知的権威」でもある著作家を演出しているようにも見える(笑))などは、おもしろいパフォーマンスではあるが、現実問題としては時間の無駄である。
 
 なるほど、内田樹の論調は面白く、「(こころよく)辛口」であるが、私は、氏を、高橋源一郎、橋本治とともに、日本出版界の3大啓蒙家と呼んでいるが(笑)、結局、読ませる芸はある。しかし、ほんとうのところ、これらの人たちは、「自分のことにしか関心がない」ということを、読者は心得たうえで、ファンになるならなればいい。

 読者は、本書を読みながら、果たして、自分はこういう世界に生きているのか、胸に手をあてて考えてみられるといいと思う。

 内田氏は、ネット上の氏の書き物に対して著作権フリーを宣言しているが、こういう行為は、いかにもかっこいい。だが、実は、10年前にもそういう文筆家はいた。「革命」はいいが、もしかしたら、世間的には、「はた迷惑」かもしれない。ほんとうに、メディアを批判するなら、まず、メディアからの仕事はすべてお断りになることですな。しかし、なんで、「街場」なんですか? ただの「メディア論」じゃ、いけないんですか?


街場のメディア論 (光文社新書)Book街場のメディア論 (光文社新書)


著者:内田 樹

販売元:光文社

発売日:2010/08/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 『15分あれば喫茶店に入りなさい。』──常に勉強している人の、軽く中身の濃い本 | トップページ | 『上杉隆の40字で答えなさい』──真のジャーナリスト »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『街場のメディア論』──メディアの寵児、メディアを叱る(笑)?:

« 『15分あれば喫茶店に入りなさい。』──常に勉強している人の、軽く中身の濃い本 | トップページ | 『上杉隆の40字で答えなさい』──真のジャーナリスト »