« 『脳が変わる考え方―もっと自由に生きる54のヒント 』──リファレンスがよい | トップページ | 寒い夜に、ハンガリアン・シチューはいかが? »

2011年1月 9日 (日)

学識とはイヤミである? ──蓮實重彥『随想』

 蓮實重彥『随想』(新潮社 2010年8月刊)

「高度消費社会」、あるいは、「高度消費社会」の荒波の上に、「とりあえず」は浮上して、まっとうな啓蒙論客を気取って、イタリアンなどを編集者と食べて、ああうまかった、とTwitterで書いて、それで韜晦したかのように悦にいっているかに見える「ブログの書き手」への反論も、周到なリファランスを援用しつつ、さりげなく、してみせる、蓮實節は、健在である。

 本書を読めば、「脳ってなに?」「勉強ってなに?」「生きるってなに?」という疑問がめきめき頭をもたげ、「高度消費社会を勝ち抜く」ために、世間に溢れている指南書も、クズに思える。

 かなりイヤミでは、ある。しかし、もともと、イヤミとは、学識のことである。世界のまっとうな学者の論考は、こうした細かいリファランスに満ちている。マルクス『資本論』しかり。

 まあ、「ブログの書き手」としか、認識されていないのではあるが、こうして反論を何ページにもわたってしてもらえただけでもよかったですね、内田樹サン、てとこでしょうか(笑)。

 さらにディープに……こちゃへ↓

「評論的なるものをめぐって」を見てね↓

http://www.mars.dti.ne.jp/~rukibo/

随想Book随想

著者:蓮實 重彦
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« 『脳が変わる考え方―もっと自由に生きる54のヒント 』──リファレンスがよい | トップページ | 寒い夜に、ハンガリアン・シチューはいかが? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学識とはイヤミである? ──蓮實重彥『随想』:

« 『脳が変わる考え方―もっと自由に生きる54のヒント 』──リファレンスがよい | トップページ | 寒い夜に、ハンガリアン・シチューはいかが? »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト