« わん太の早春ヌーベルバーグ | トップページ | 『白いリボン』──思考することをうながす反エンターテインメント映画 »

2011年2月13日 (日)

『ザ・タウン』──コミュニティ論としての強盗映画

『ザ・タウン』ベン・アフレック監督

 『明日に向かって撃て』のような、古典的かつロマンチックな枠組みをきっちり踏襲した映画ながら、どこか新しさを感じさせる。というのも、世の中、コミュニティ論が盛んであるが、ボストンという街をそういう、コミュニティ論的な切り口で見せている。

 

 ベン・アフレックは、監督、脚本(共同)、主演をこなし、自分の故郷をこのように描いて見せる。大したもんである。

 

 また、ヒロインとなる、レベッカ・ホールの微妙に変化する表情が、この映画をより端正なものにしている。

« わん太の早春ヌーベルバーグ | トップページ | 『白いリボン』──思考することをうながす反エンターテインメント映画 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ザ・タウン』──コミュニティ論としての強盗映画:

« わん太の早春ヌーベルバーグ | トップページ | 『白いリボン』──思考することをうながす反エンターテインメント映画 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト