« 『白いリボン』──思考することをうながす反エンターテインメント映画 | トップページ | 垂れ流し読書にご用心のよい見本──『空気を読むな、本を読め。』小飼弾著 »

2011年4月20日 (水)

失われた映像を求めて

 まったく思い出せないのに毎日思い出す映画がある。

 食事の後片付けが終わった食卓をきれいにしようと、消毒もかねて、リビング・クリーナーという、食卓でも使えるというクリーナーのスプレーを、シュッシュッと食卓全面に振りかけてから、布巾で拭くという習慣がある。
 そのクリーナーを、食卓全面に振りかけるとき、毎回、20年以上前(?)に観た、『マニトウ』という映画の一シーンを思い出す。
 エクソシストもどきの悪魔払いの映画だが、たしかインディアンの悪霊払いのワザが、地面に、シュッシュッと聖水(?)かなにかを振りかける。たき火のようなサークルになった場所を丸くたどり、両手に持った2本に木ぎれをたたき合わせる。そのあと、その聖水を振りかけるのだが、まさに、この動作が、そっくりだよな〜と思いながら、毎回やるのである。
 誰が出ていたのか、どういうストーリーだったのか、まったく思い出せない。いま、Amazonで調べてみたら、トニー・カーチスと、スーザン・ストラスバーグが出ていて、けっこう豪華キャストだった。
 そうか。インディアンの霊に取り憑かれていたのか……。

 記憶というのは妙なものである。

*****

けふの「お写真」は「高校生とわん太」


Img_2844


|

« 『白いリボン』──思考することをうながす反エンターテインメント映画 | トップページ | 垂れ流し読書にご用心のよい見本──『空気を読むな、本を読め。』小飼弾著 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 失われた映像を求めて:

« 『白いリボン』──思考することをうながす反エンターテインメント映画 | トップページ | 垂れ流し読書にご用心のよい見本──『空気を読むな、本を読め。』小飼弾著 »