« 失われた映像を求めて | トップページ | 官僚体質の半減期は……──『3.11クライシス』佐藤優著 »

2011年5月19日 (木)

垂れ流し読書にご用心のよい見本──『空気を読むな、本を読め。』小飼弾著

 『空気を読むな、本を読め。』小飼弾著(イースト・プレス、2009年11月刊)

 どーでもいいんですけど、本書じたいが、本と言えるかどうか……。普通の本(今となっては、どういったものが普通の本か、よくわからなくなっているが、とりあえず、四六判の小説、250ページとしておこう)に比べて、文字数は半分以下、大きな活字で、全面文字のページも、普通の本の60%くらいの文字数しかない。しかも、章以下の、小見出しが入っているページには、イラストとタイトルに5行も取っているし、左ページが右ページの内容を説明したイラストのみというページも多い。
 本を読め、ということは誰でも言っている。ただそれだけのことである。それをことさら本にする意味があったか。本人はたいへんな読書家のつもりかもしれないけど、最後に付されている「小飼弾が選ぶ 最強の100冊+1」のリストを見ても、この人、ほんとうに本を読んでるの? と疑問に思う。恥になるから、大いばりでこういうリストは晒さない方がいい。
 ただただ、無批判に「本のようなもの」を読み流し、本とはなにかを考えることもなく、無批判に「本のようなもの」を出してしまった……太ったオジサン(だって本人の写真が表紙になっているのだからしょうがない(笑))。
 かういふヤカラからの害毒から逃れるためには、若者には、「書を捨てよ、街へ出よう」というしかないだろう(ため息)。
 だいたい、「クソ本」なんて言葉が、まともに本を読んでいる人間の口から出てくるわけがない。

空気を読むな、本を読め。 小飼弾の頭が強くなる読書法 (East Press Business)Book空気を読むな、本を読め。 小飼弾の頭が強くなる読書法 (East Press Business)

著者:小飼 弾
販売元:イースト・プレス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

*******

 「お写真」は。こどもの日に海に行った帰りに走るわん太。

Img_2922


« 失われた映像を求めて | トップページ | 官僚体質の半減期は……──『3.11クライシス』佐藤優著 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 失われた映像を求めて | トップページ | 官僚体質の半減期は……──『3.11クライシス』佐藤優著 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト