« パリの雨 | トップページ | 『アジャストメント』──SFがラブ・ストーリーだっていいじゃないか »

2011年5月31日 (火)

ニューヨークの雨

  マット・デイモン主演の『アジャストメント』を観ていたら、5年前ニューヨークへ行ったときも、雨が降っていたのを思い出した。この映画の舞台もニューヨークで、雨、水が、キーアイテムになっている。必然的に、船着き場も、重要な場所である。
 ヨーロッパからの移民の船が最初に着いたのも、自由の女神がすぐ近くに見える船着き場だったので、ここは、ニューヨークの入り口のような感じがある。
 急な雨に降られ、デリで黒の折りたたみ傘を買ったが、ニューヨークの人々の傘は地味で、黒か、たまに、ゴルフで使うパラソルのような大振りな傘を差している人もいる。しかし、なにせ、5年前である。人々の様子も変わったかもしれない。しかし、この映画で観るかぎりは変わっていない。
 もうひとつのキーアイテムになっている帽子を、キーパーソンから受け取ったデイモンが、雨のニューヨークの街を走り出すシーンは、ドラマチックな感動が心を揺さぶる。


Free2

Free1


|

« パリの雨 | トップページ | 『アジャストメント』──SFがラブ・ストーリーだっていいじゃないか »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨークの雨:

« パリの雨 | トップページ | 『アジャストメント』──SFがラブ・ストーリーだっていいじゃないか »