« 『アジャストメント』──SFがラブ・ストーリーだっていいじゃないか | トップページ | 『六月博多座大歌舞伎』──変革しないと歌舞伎は滅びるかもしれない »

2011年6月10日 (金)

『奇跡』──世界を選ぶことのすばらしさ

『奇跡』是枝裕和監督

 是枝監督のすばらしさは、紋切り型を、徹底的に回避していくところにある。

 都会から来た転校生がいじめられる……それは、数十年前の、この種の、家族とか子どもとかをテーマにした映画の紋切り型(ステレオタイプ)である。そうでなくても、きょうびの小学生は、「いじめの時代」はとうに過ぎ去って、互いに気を使い合う、まるで、おとな社会のような過ごし方をしているという。
 紋切り型は、そういうイジメや、両親が別れたつらさを生き抜き、やがてはハッピーエンドとなる。あるいは、ちょっと前のハリウッド製ハートウォーミング映画なら、ほんとうに奇跡を起こしてみせる。あるいは、実存主義的映画なら、奇跡などあり得ないことを酷薄にも見せつける──。

 だが、本作は、どの道をも取らない。そもそも本作は、ストーリーでなにかを語ることを目的にしていない。この映画の主題は、「自分と世界とでは世界を選べ」ということである。それがすがすがしいまでのディテールの積み重ねによって語られている。
 主役の子ども二人も名演ではあるが、それらを光らせているのは、ベテラン俳優たちの、「いぶし銀の」(とあえて言ってしまうが)ような演技である。どんな脇役にも命が吹き込まれている。そして相変わらず、主役の子どもとは、つかず離れずの祖母を演じる、樹木希林がすばらしい。


歩いても歩いても [DVD]DVD歩いても歩いても [DVD]


販売元:バンダイビジュアル

発売日:2009/01/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« 『アジャストメント』──SFがラブ・ストーリーだっていいじゃないか | トップページ | 『六月博多座大歌舞伎』──変革しないと歌舞伎は滅びるかもしれない »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『奇跡』──世界を選ぶことのすばらしさ:

« 『アジャストメント』──SFがラブ・ストーリーだっていいじゃないか | トップページ | 『六月博多座大歌舞伎』──変革しないと歌舞伎は滅びるかもしれない »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト