« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月22日 (月)

『実力大競争時代の「超」勉強法』──用い方にご用心!

 『実力大競争時代の「超」勉強法』(野口悠紀雄著、幻冬舎、2011年3月刊)

 経済学ほど定説が定まらず、またいいかげんなことを言っても通る世界はないのではないだろうか? それとはあまり関係ないかも知れないが、英文法の世界も、何が正解なのか、際限のない世界だそうである。
 「野口悠紀雄」というブランドは、ピンからキリまでいる著者のうちでは、良心的で信頼もおける。だから、氏の勉強本はほとんど買ってきた。本書は、以前に講談社から出て、今は文庫本になっている『「超」勉強法』と同内容かなと思って、発売当時は素通りしてしまったのだが、知人に教えられて読んでみた。題名こそ同じものがついているが、内容は、さらに深く、同時に、経済学のアウトラインも学べるようになっている。勉強すること、何かを知りたいという欲望は、人間が本来持っている生存欲の一つであり、いくつになっても学び続けるべきだ。自分はこのように勉強している。……など、持てる情報等も気前よく公開していて共感できる。
 とくにモデル思考を推奨している点、戦略としての勉強を強調している点は、他の勉強本にはない、深い示唆である。
 しかしながら、勉強を推奨し、学力の落ちてきた日本の状況を憂慮し、詳細なデータを援用しながら世界の知的状況を紹介するのはいいが、氏の思想をそのまま受け入れるわけにはいかないようにも思う。氏は、ともすれば、学歴重視、ブルーカラー切り捨ての思想をよしとしているとも見受けられる。かなり納得のいく形で説明されているが、読み方をひとつ間違えれば、読者はどこかの大学院へ向かって突っ走らないともかぎらない。
 経済学はすばらしい学問であるが、しかし、世の中、経済学だけで成り立っているものでもなし、また、その経済学も奥が深いので、野口悠紀雄の説のみが正しいとも言えないだろう。こと、リカード説の援用はいいが、べつの人々は、マルクスこそ今必要だと言っているのである。ワタシ的には、野口氏が、あまり必要ないとした、微分的分析が、野口氏が重要視している「ソリューション」を求めるには必要だと思う。

実力大競争時代の「超」勉強法Book実力大競争時代の「超」勉強法

著者:野口悠紀雄
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

本部リニューアルのお知らせ

本部をリニューアルし、連載小説をアップしました。

みてね。

http://www.mars.dti.ne.jp/~rukibo/

*****

「お写真」は、「わん太の夏休み2011」。
豊川(とよがわ)の上流に沿って作られたドッグランは、砂を入れて遠浅にしていて、すばらしかった!


Img_3063


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

『マーク・ザッカーバーグ 史上最速の仕事術』──ザッカーバーグの時代

『マーク・ザッカーバーグ 史上最速の仕事術』( 桑原晃弥著、ソフトバンククリエイティブ、2011年7月刊)

 コンピュータはさまざまな段階において歴史を変えてきたが、本書を読むと、また一段階、べつの局面に変わったことがわかる。パーソナル・コンピューターとの関わりで歴史に残るのは、ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズ、そして、マーク・ザッカーバーグだろう。この3人は、なるほど、パソコンによって巨額の富を築いたかもしれない。しかし、彼らの目的は、富ではなかったことに共通している。それは、世界を変えることへの、とてつもない情熱。そういうものが伝わってくる本である。
 ザッカーバーグはゲイツとジョブズをロールモデルとして育ってきた若者である。まだ20代の彼から教わることは多い。単にコンピューター世界だけでなく、CEOとしての経営も、超一流の経営者から学び、人材についても相当考え抜かれている。
 インターネットからいかに利益を得るか。それはもちろん、今後も生き残るための投資のための利益であるが、その秘訣の秘訣までは、本書のような「冊子」では軽くほのめかされている程度である。
 Facebookの使用はあくまで無料で、ダサい広告はない。ザッカーバーグが、グーグルからヘッドハンティングした、シェリル・サンドバーグ。彼女が発案した、「エンゲージメント広告」には、かなりの興味を持たされた。

マーク・ザッカーバーグ 史上最速の仕事術Bookマーク・ザッカーバーグ 史上最速の仕事術

著者:桑原 晃弥
販売元:ソフトバンククリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

『バビロンの陽光』──過酷なロードムービー

『バビロンの陽光』モハメド・アルダラジー監督

 なにもない砂漠、汚れた衣類、壊れた道具や機械、荒れ果てた街……。災害ではない。内戦である。内戦が起こっていた国である。虐殺が虐殺を呼び、人々の感情は、壊れながらも生き続け増殖する。憎しみ、絶望、悲しみ……それでも人は、希望を植え付けられ、生きさせられる──。
 サダム・フセインが逮捕されたあとのイラク。何百万人もの人々が虐殺されていた。集団墓地が何百もあり、肉親を捜して、人々の絶望の旅は続く。
 クルド語しか話せない祖母と、アラビア語も話せる少年の二人も、息子であり父である身内を捜す旅に出る。そこから映画は始まり、過酷な旅をゆく。ヒッチハイクの車もバスも、どうにか動いているにすぎない。砂埃が画面から舞ってくるようである。これもひとつの生に違いない。だが、なんという生なのか。バビロンを持つイラクは、かつては夢のような国であった。それが、廃墟のようになっている。いや、廃墟という言葉はまだ美しすぎる。悲惨な光景ではあるが、本編のテーマは、「悲惨」ではない。「夢」。かつてあった夢のようなものの幻影を見せる。そして、こんな状況でも、わんぱくであった少年は、おとなの顔になっている。

旧約聖書〈7〉イザヤ書Book旧約聖書〈7〉イザヤ書

販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »