« 『いますぐ書け、の文章法』──ライター、それが問題だ | トップページ | 『恋する原発』──凡庸 »

2011年10月18日 (火)

『ブリッツ』__それでも紳士なステイサム

 連続警官殺し。突き詰めてみれば、悪の組織は内部に……てな、ありがちなアメリカ映画のようではない。犯人はワレている。一度は逮捕もされる。しかし、証拠不十分で釈放される。愉快犯のような犯人を、はみ出し暴力刑事と、ゲイの警部補が追い詰める──。
 今の世の中、法に則っていては、やっていけない。しかし、だからといって、絶望してヤケになっても何も解決しない。要は、頭を使え!
 はみ出しバイオレンス刑事のステイサムがクールだ。前作『メカニック』のクールな殺し屋より、こちらの方が似合っている。バイオレンスだけど、心に温かさと、まさにイギリス紳士のハートがほの見えるからだ。
 いま、一番、ホットでクールな俳優であると私は思う。
 
 BGMもホットでクールだ。

メカニック ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]DVDメカニック ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2011/11/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『いますぐ書け、の文章法』──ライター、それが問題だ | トップページ | 『恋する原発』──凡庸 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ブリッツ』__それでも紳士なステイサム:

« 『いますぐ書け、の文章法』──ライター、それが問題だ | トップページ | 『恋する原発』──凡庸 »