« 『ドラゴンタゥーの女』──原作より知的 | トップページ | 『世界認識の方法』──他人のフンドシでとった相撲? »

2012年2月22日 (水)

『下谷万年町物語』──ファッションとしてのオカマ

『下谷万年町物語』唐十郎作、蜷川幸雄演出@シアターコクーン 出演:宮沢りえ+藤原竜也+西島隆弘(2012/1/6(金)〜2/12(日))

 唐十郎の芝居は、状況劇場も唐組も唐組ゼミも観たが、パルコ西武劇場で30年前に上演されたという本作は、当時未見だった。脚本は、あいも変わらず、唐十郎の個人的ノスタルジーの世界と、でたらめな言葉の羅列である。それでも、それが肉化すれば、何物かに変わる。芝居の醍醐味はそんなところにある。蜷川幸雄はそのへん、プロデューサー的策士で、巷で人気の鑑賞に耐える肉体を担ぎ出してきては、アングラだの古典だのをやらせる。話題にならないワケはない。とくに今回は、宮沢りえ+藤原竜也+西島隆弘+たくさんのオカマである。人々はこぞって見物にでかけるだろう。
 確かに宮沢りえは、野田秀樹の『ロープ』の頃に比べると、格段の進歩である。声はすっかり、李礼仙である(笑)。パワーも李礼仙が乗り移ったかのようである。李礼仙を知らないジャーナリストは、すっかり感動してしまうようである。しかし、昨年上演された、唐ゼミの『万年町』の、同じ、キティ瓢田を演じた女優も、誰かがブログで、「李礼仙を超えた」と書いていたから、この役は、パワーさえあれば、誰でも魅力的に見える、お得な役なのかもしれない。私はむしろ、藤原竜也と西島隆弘の立ち姿の美しさと演技力に感心した。これからが楽しみな役者たちである。蜷川に使い古されないといいけれど(笑)。
 昭和23年の上野の男娼長屋を再現(?)した朝倉摂の装置と、洗練された吉井澄雄の照明は、さすがにBunkamura、コクーンであると思わせられる。(2012/2/9に観劇)

**********

「お写真」は、雪の日に遊ぶわん太。

Asobe


|

« 『ドラゴンタゥーの女』──原作より知的 | トップページ | 『世界認識の方法』──他人のフンドシでとった相撲? »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『下谷万年町物語』──ファッションとしてのオカマ:

« 『ドラゴンタゥーの女』──原作より知的 | トップページ | 『世界認識の方法』──他人のフンドシでとった相撲? »