« 『世界認識の方法』──他人のフンドシでとった相撲? | トップページ | 福岡はお花見日和 »

2012年3月22日 (木)

金井美恵子と多和田葉子

 ともに、世界の作家を意識する純文学作家である。で、果たして、世界に連なっているのかどうか──。

『ピース・オブ・ケーキとトゥワイス・トールド・テールズ 』(金井美恵子著、2012年1月、新潮社刊)

 執拗に書くことの快楽(服に関する顕微鏡的な細部を延々と語るなど)を追求するれば、きっと評価してくれる人がいる。毎度、お馴染み、「金井節」がすきな人にあてた、確信犯的作である。この作家自体が確信犯的存在である。題名にも現れているように、同じ話を「何度も語る」ことが文学であるのは、べつにあらためて言われることもない。文学史上に名前を見ることのできる作家は誰もがやっている。
 恐れながら、プルーストと金井美恵子の違いは? 前者には、社会と自分との関係が書かれているが、後者は、ただオタクの世界だけ。十代からプロの作家になり、とくに大衆に迎合することなくそれで食ってきているらしいので、それなりの筆力のようなものは備わっているのでしょう。物語の語り手は男性らしいが、やはり作者自身の無意識が、無意識的に、露呈していると言わざるを得ない。

*****

『雪の練習生』(多和田葉子著、2011年1月、新潮社刊)

 作者はドイツに住み、ドイツ語も堪能で、ドイツ語でも小説を書き、賞も取っているというので、期待して読み始めた。もちろん、同作者のほかの作品も読んでいるが、詩的なきらめきは感じても、世界に並べる小説として息の長さ、エネルギーの持続などを期待したが、やはり、日本の、純文学の、作家の作品以外のなにものでもなかった。とくに、数行で、ある文体の思想世界の持続が崩れていく。日本的とも言えるような情緒にかすめ取られ、文章が曲がっていく。それは、ドイツ語圏の作家、ギュンター・グラスと比べれば(比べてはかわいそうなのかもしれないが)歴然としている。ギュンター・グラスにも、人間以外の語り手が登場する、『ひらめ』のような作品があるが、その息は長く、作品の構想もスケールもエネルギーも、知的意識の持続も、圧倒的なものがある。そういうものの、せめて片鱗でも期待したのは間違いだった。

*****

「お写真」は、近所の犬友だちの老婦人にいただいた、椿。とくに、うすピンク色は、「あけぼの」という名前だそう。

Img_0219


|

« 『世界認識の方法』──他人のフンドシでとった相撲? | トップページ | 福岡はお花見日和 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金井美恵子と多和田葉子:

« 『世界認識の方法』──他人のフンドシでとった相撲? | トップページ | 福岡はお花見日和 »