« マンボ! ばかん♪ | トップページ | わん太に内緒 »

2012年12月 9日 (日)

カラマーゾフの兄弟1: 1 (光文社古典新訳文庫)──驚きの日本語

カラマーゾフの兄弟1: 1 (光文社古典新訳文庫) [Kindle]

ドストエフスキー (), 亀山 郁夫 (翻訳) 

 新潮社の『ドスエフスキー全集』を持っているので、原卓也訳で読んでいたのだが、寝るとき、寝室を暗くして、Kindle Whitepaperで、「続き」が読みたかったので、本書を購入してみた。訳語の細かな部分には拘らず、だいたいの物語を追えればいいと思っていたが、どうも、本書の訳で読むと、ドストエフスキーの深みがなく、違ったものを読んでいるような気持ちになった。大筋は、たぶん、原訳を参考にしていると思われる。しかし、日本語に疑問を持つような表現が多く、一部マスコミでは評判になったように記憶しているが、はっきりいって、私にはどこがいいかわからない。やはり、ちゃんとした本で読みたいと思う。

 とりあえず「1」だけしか買わなかったのは正解であった(笑)。

« マンボ! ばかん♪ | トップページ | わん太に内緒 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カラマーゾフの兄弟1: 1 (光文社古典新訳文庫)──驚きの日本語:

« マンボ! ばかん♪ | トップページ | わん太に内緒 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト