« 幻想的な夜桜 | トップページ | 小林秀雄と河上徹太郎の対談(季刊『考える人』 2013年 05月号付録のCD)──今こそ必要な小林秀雄 »

2013年3月31日 (日)

『千年の愉楽』──中上健次が泣く

『千年の愉楽』若松孝二監督

 結局なんでも「ピンク映画」にしなければ気がすまなかったのか。中上健次ほどピンクとはほど遠い作家もいないのに、いったいなにを思って映画化したのか。『千年の愉楽』のオリュウノオバは、どう考えても老婆だと思っていたのに、そして、いくら回想シーンだからといって、寺島しのぶを起用した考えもわからない。しかもドラマは単純に一本線のように進んでいき、奥行きがまるでない。いくらなんでも、これでは中上健次が泣くし、ラストの「オチ」みたいなシーンでは、泣くのを通り越して、のけぞる(笑)ノノかも。どうか、天国で、中上に、殴られないようしてください(合掌)。

« 幻想的な夜桜 | トップページ | 小林秀雄と河上徹太郎の対談(季刊『考える人』 2013年 05月号付録のCD)──今こそ必要な小林秀雄 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『千年の愉楽』──中上健次が泣く:

« 幻想的な夜桜 | トップページ | 小林秀雄と河上徹太郎の対談(季刊『考える人』 2013年 05月号付録のCD)──今こそ必要な小林秀雄 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト