« 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』──読まずにすませろ(笑)! | トップページ | 懲りないのは村上春樹だけじゃない(笑)@平成のマウス絵師 »

2013年4月25日 (木)

『国境のインテリジェンス』──「教科書勉強」だけではどうしようもない

『国境のインテリジェンス』佐藤優著(徳間書店、2013年3月27日刊)

私はこの著者の勉強法の本には感心し、Amazonレビューでも★五つをつけていると思います。そういう著者であったし、タイトル、見出しにも大変興味深いものがありましたので、本書を見るや、即購入しました。しかし、読み始めて、疑問が頭をもたげ、大変残念に思いました。

1,P17 著者は、アベノミクスの理論的支柱、浜田宏一氏の著書を引用(その部分は、岩田規久男氏など、私が信頼をおく学者も書いている、ごく一般的な、金融緩和の考え)、「この記述を読んで、筆者は背筋が寒くなった」とあるが、なぜ? という経済学的な説明はなく、すぐ、べつの話に切り替わっていった。

2,P19 著者は、安倍政権の内閣官房副長官補をつとめる、兼原信克氏の著書を引用、宗教改革がイタリアから始まったは、間違いと指摘、フスはスフと誤記されていることを指摘。それはいいが、実は、もうひとり名前が書かれている宗教改革者、サヴォナロラ(Girolamo Savonarola)も、「サヴォローナ」と誤記されているが、これについての言及はいっさいない。つまり、著者の「勉強」は、宗教の歴史も、「通説」と「教科書」だけに頼ってきた感がある。宗教改革は、ルネッサンスの一部として始まったので、著者の言うように、イタリア発祥説は、とくに「珍説」ではない(参考文献『ミケルアンジェロ』羽仁五郎著、岩波新書)。

3,P24 著者は、経済理論として、野口悠紀雄説を頭から信じ、「野口氏の分析が正しいならば、現在進行中の円安は、崩壊の序曲なのである」で、「アベノミクス指南役たちの危うさ」という章を終えている。野口説は、金融緩和に反対で、金利をあげろ!であるが、金利が上がって生活の支えができるほどの預金を持っている「一般庶民」がどれだけいるのか、考えれば、この説の「抽象性」がわかろうというもの。

 第1章にあたる章で、以上のようなことにひっかかり、これ以上、本書を読み進むのは時間の無駄だと思いました。

 ただの「教科書の勉強」だけではどうにもならない証左でした。教養は、まっとうな古典を読むことでしか築けないとつくづく思いました。また、インテリジェンスも、古典力なしに、分析は不可能だと思います。

 ちなみに、私は、安倍政権はとくに支持していませんが、やっていることは世界の常識に沿っているのかなあ……程度の感じは持っている。

 本書の初出が『週刊アサヒ芸能』だと知って、「なるほど……」と思いました。一事が万事ですので、こういう本を出してしまうと、もう著者を信じるわけにはいかなくなります。ご用心!

|

« 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』──読まずにすませろ(笑)! | トップページ | 懲りないのは村上春樹だけじゃない(笑)@平成のマウス絵師 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『国境のインテリジェンス』──「教科書勉強」だけではどうしようもない:

« 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』──読まずにすませろ(笑)! | トップページ | 懲りないのは村上春樹だけじゃない(笑)@平成のマウス絵師 »