« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月16日 (日)

『6月16日の花火』──やはり学者(悪い意味で)

『6月16日の花火』(丸谷才一著、1986年、岩波書店刊)

 本日は、「ブルームズデイ」。つまり、ジョイスの『ユリシーズ』の物語が展開される1日。1904年6月16日、この日1日だけを描いています。Kindle版の「ジョイス全集」の『ユリシーズ』には、この日、ジョイスは、のちに妻となる、ノラ・バーナクルと初デートをした。と、よけいな情報まで載せています(笑)。

 どこかエラそうな丸谷才一の本作、かなりの年月積ん読状態でしたが、題名に惹かれて、なんとなく本日繙いてみました(なんで、「花火」かというと、世界のジョイスファンがこの日、花火をあげて、お祝い(なんで?)するからんです)。ジョイスの『ユリシーズ』について、よほど興味深いことが書いてあるのかなと思いましたが、そうでもなかった(笑)。この人、卒論だったかが、ジェームズ・ジョイスで、修士でもあって、一応、ジョイス学者なんです。ただ『ユリシーズ』を訳してたわけじゃなかったんですね(笑)。でも、その前は、伊藤整が翻訳紹介してます。それを読んだのでしょう、丸谷クンは。で、その伊藤整は、これからのわが国の小説は、「意識の流れを重視する小説だ!」と言っているんです。でも、この「意識の流れ」という概念を提唱したのは、ヘンリー・ジェームズの兄の心理学者のウィリアムズ・ジェームズなんです。

 で、小林秀雄が、それに反論しています。「なにが、ジョイスだ。意識の流れだ。そういうものも、意匠にすぎんのだ!」(長くなるので、このあたりはべつの機会にします)。当然、小林秀雄は、1922年に出版された『ユリシーズ』を、仏訳で読んでます。なぜ、仏訳だったのか? 英語の原書が入手しにくかったのか? 伊藤整の日本語訳を読みたくなかったのか(笑)。この伊藤整の系譜は、おそらく連綿と、丸谷才一に受け継がれ、その後、ジョイスと聞くと、やたら特別扱いして奉る傾向の日本人の文学愛好家に受け継がれているようです。

 小林秀雄は、「学者はだめだ!」と言っている。そして、まさにその意味で、丸谷才一は「学者」であることが、本書を読むとよくわかります。とりわけ、エドモンド・ウィルソンのジョイス論で、『ユリシーズ』の結末の仄めかしとして、

 スティーヴンがこの出会ひ(ブルームとの)の結果として、ダブリンを去り、『ユリシーズ』を書くことである。

 と、書いているのにけちをつけ、「スティーヴンは『ユリシーズ』の作中人物であって、作者ではない」なんて、書いている。マジかよ?と思って、よく読んでみましたが、大まじめのようです。つまり、ウィルソンが仄めかしていることは、プルーストの『失われた時を求めて』と、同じ構造を言っているのであるが、どうもそれに気がつけないようであった。『失われた……』は1927年に最終巻が出て、丸谷才一は、1925年の生まれで、その後、日本にはきっとなかなか入って来なかったんでしょう。そして、この丸谷の論文は、1982年に「すばる」に発表されています。いくらでも、訂正の機会はあったと思いますがねえ……。というわけで、それから先、すっかり読み進む意欲をなくした私です。さういへば、『横しぐれ』も大したことがいはれていたわけではなかつたな、と、急に旧かなづかひになつたりして……(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木)

『太陽の季節』──ありえない世界を描ききる

『太陽の季節』(石原慎太郎著、新潮文庫ほか) 

 私は、本作を、講談社の『現代短編名作選5』に収録されたもので、たった今読んだ。このシリーズは、日本文芸家協会が編んだもので、年代順(1945年から)全6巻である。一応、1巻から読んでいるのだが、田中慎弥の「共喰い」のレビューの前に、「閣下」の芥川賞受賞作って、どんなだろう(笑)と、5巻に収められた本作を読んだしだいである。

 確かに、嫌悪感を催すような青年が主人公であり、書き方も、書かれている風俗も、まともに生きる普通の日本人が、嫌悪や反感を持つような内容である。それでも、これが、おフランスなら、たぶん、事情も違ってくるし、こういう人々(「太陽族」と、当時は言われたようであるが、私はよくは知らない(笑))も現実に存在したであろう。

 どーでもいいが、冷静に読めば、この主人公は、「ハイスクール」に行っている「高校生」だぜ〜!!。小学生でも車の運転をしている、『鉄人28号』の正太郎クンを思い出してしまったゼ。その高校生が、ナイトクラブで遊んだり、父親の使う料亭で女と食事をしたり、なんにもの女遍歴を持っていたり、ヨットや別荘で遊んだりする。主人公の龍哉は、自宅の離れを居室にしていて、二間ある。女といろいろ交渉しても、おとなは、父親が、「パパはそんなに金持ちじゃない」なんて、甘ったれのピチブル台詞を吐く他は、まったく出てこない。教員も、いっさい、口うるさいおとなは出てこない。けんかをやっても、キャバレーの「女給」(こんな言葉は、Atokでは変換されない(笑))と騒いでも、すべて、高校生たちだけの世界である。そんなのありえな〜い。確かに、主人公の龍哉は、弟の裕次郎を彷彿とさせる。しかし、これは、完全に架空の世界と見た。それを、ここまで(400字詰換算、110枚くらい)描ききるのだから、まあ、とりあえずは、「昭和の名短編」のひとつじゃないんですか? 作者がその後、どのような生き方をしようが、私はどうでもいい(しかし、これほど、多くの人に憎まれているのに、なんで、都知事に当選したんですかね〜?)

 蛇足ながら、「維新の会」のメンバーで、本作を読んでいる人は、何人くらいいるのだろうか(笑)?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

『日本近代史 』──「世界史」の前に、「日本近代史」を!

『日本近代史』(坂野 潤治著、ちくま新書、2012年3月刊)

 2.26事件を扱った、久世光彦の『陛下』という小説を読んで、実際のところはどうなんだろう? と、やはり、買ってあった、本書を紐解いた。著者は資料を丹念に読み、分析を重ねるという手法で、「歴史を記述」していく。そう、歴史とは、なによりも「歴史家の記述」なのだ。

 昨今ともすれば、太平洋戦争が、「避けられなかった太平洋における覇権争い」だなどと、まるで、歴史をゲームのように見るような態度が当然のようになっているが、本書を読めば、ひとつひとつのできごとに、作られたドラマではない、人間の思惑が非常な複雑さで絡み合っているのがわかる。本書に比べ、教科書の歴史は、あまりに大雑把すぎるし、正確さも欠いている。

 政治家の「国際感覚の欠如」うんぬんが言われる昨今であるが、どうも、「国際感覚」よりも、もっと自国の近代史について精細に謙虚に学ぶべきであろう。

 なお、本書は、冒頭の明治維新へと至る時代から読んでいくと、あまりに入り組みすぎて、昭和に至るまでには息切れしてしまうかもしれない。オススメの読み方としては、最終章から逆に遡るかたちで読むと頭に入りやすい。あるいは、関心のある時代、事件から入っていく──。

 ひとつ難点を言えば、たとえば、本書を読んで、まるで「戦前」が、国会議員には、憲法(「明治憲法」である)で、言論の自由が保証されているからと言って、一般人民にもそれが許されていると思ったら大間違いである。本書には記述がないが、2.26事件に関連して、事件になんら関与していなかったにもかかわらず、思想的に「そそのかした」ということで、北一輝が、民間人にもかかわらず、軍法会議にかけられ、弁護人抜き、抗告抜きで、数日後に、銃殺刑に処せられているという実態もある。本書には、そうした「批判的記述」はない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『世界』2013年6月号──立憲主義の危機への警鐘

『世界』2013年6月号「特集:『96条からの改憲」に抗する』

(岩波書店)

 

 Twitterなど、有名無名を問わず、政治的なことに関して、自分の考えをどんどん述べるのがあたりまえの世の中になって、知識があってもなくても、裏付けがあってもなくても、学識があってもなくても、政治に首を突っ込んでいる人々が、ニュース記事を見ては、がやがやと、そのニュースを知ることに「使った」マスコミ批判を含めて、騒がしい。われこそは、国の行方をほんとうに心配している、われの意見に耳を傾けろ──!

 こうした人々はいったい何を根拠に、自分の主張を正しいと信じるのか? 多数の人々がそう言っているから? 圧倒的多数によって勝利した自民党がそう主張しているから? あるいは、自民党支持の学者の説明に頷けるから?

 そんななか、『世界』2013年6月号の特集『「96条からの改憲」に抗する』は、少なくともネット上で自説をがなりたてている人々より、多少はまともにものを考えられる人々に向けられている。

 なかでも、伊藤真「なぜ96条を変えてはいけないのか」は、憲法を血肉としている人の論文として、傾聴に値する。

 すなわち、立憲主義の危機である。立憲主義とは、ナポレオン帝政やナチスドイツに見られるような、「多数派」政治が行きすぎたとき、少数派の個人を守るようにできあがっている政治体制であると、伊藤は言う。そして、96条は、その立憲主義思想の「生命線」であると。

 「国民の多数派が熱狂的に戦争を支持した戦前の日本も同様だった。不正確な情報に踊らされ、ムードに流され、目先のことしか見えなくなり、冷静で正しい判断ができなくなる危険性が、私たちの社会にはいつも付いてまわる。

 それを避けるために、人間の弱さに着目して、あらかじめ多数意志に基づく行動に歯止めをかけることが必要であり、その仕組みこそが憲法なのである。多数決で決めるべきこともあるけれども、多数決で決めてはいけないこともある。多数決でも変えてはならない価値を前もって憲法の中に書き込み、多数決意思を反映した国家権力を制限する。これが立憲主義という法思想である」

 自民党の目指すところは、参院選で圧勝し、96条を改正し、憲法を簡単に改正できるようにし、自衛隊を軍隊とする。そうしてアメリカとの絆を強め、アメリカと同等の大国として世界の覇者となることである。

 しかし、伊藤は言う。自衛隊を国防軍にすれば、防衛費はさらに必要になり、戦争をも辞さないことになる。

 「戦争とは敵の兵士を殺すことであり、軍隊とは兵士を殺す組織である」

「そうなると日本は、殺人目的の組織を市民社会に抱えることになる。これは市民社会にとって脅威である。市民社会は命を尊び、個人の自主性・自律性を尊重するのに対して、軍は人を殺し、組織への絶対服従を求める。軍隊の新兵訓練では、兵士になるために人間の尊厳を否定する訓練を受ける。在日米軍の兵士が性暴力等の犯罪を起こすのはそこにも原因がある。国防軍ができれば、兵士による犯罪事件は日本全国に広がる可能性がある」

 ──そこで、橋下大阪市長の言う、「風俗サービスが必要」になるか。おそらく、そういう「措置」を取ろうとも、「人間の尊厳を否定する訓練を受けた」兵士は、犯罪を犯すだろう。しかも、今度は、「日本兵」が……ということになる。

 ネット上の、ジャーナリストの論考にも、米兵による犯罪はこんなに多い、橋下氏の訴えたかったことはそこに力点があるのではないか、という考えのものも見られる。伊藤氏のまっとうな論考からすれば、本末転倒も甚だしいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »