« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月30日 (月)

『言葉と歩く日記』──真の作家であるためには最終的にひとつの言語を選ばなければならない

『言葉と歩く日記』(多和田葉子著、岩波新書、2013年12月20日刊) 

  小林秀雄は「作家志望の諸君へ」と題するエッセイで、「少なくとも二カ国語以上の外国語に習得すること」という条件を挙げていたように思う。また、吉田健一は、ケンブリッジに入学したものの、担当教授から「文学をやりたいのなら、日本へ帰るべきだ」と言われ、19才で帰国し、アテネフランセに入ってギリシア語などを勉強した。英語で詩集を出し、エズラ・パウンドに高く評価された西脇順三郎など、外国語に達意な日本の文学者は数多い。しかし、彼らは、いずれ、ひとつの言語、それはたいてい母国語になるが、を選び取り、それを深めている。また、深めるための外国語でなければならない。

 二カ国語をスイッチングしながら作家活動をした作家としてすぐに思い出すのは、アイルランドのサミュエル・ベケットであり、ベケットは、ゲーテの訳も、南米詩人の訳もあるので、おそらく多言語に通じていたのだろう。これらの偉大な作家、詩人に比べると(比べる方が悪いのかもしれないが)、多和田葉子のやっていることは、ただの「外国語ができない読者への脅し」に見える。私はあなたたちとはちがって、ドイツ語もできるのよ!それで文学賞もとっているのよ! それが、どーした? である。

 「熊の手をいう言葉がドイツ語と日本語ではちがう」──こんな例など、各外国語と日本語で、枚挙にいとまがない。この「日記」には、カフカなどの作家も多く言及されているが、それらの作家に対して、深い洞察があるわけではない。言語に対する意識もとりわけ高いわけではない。ただ、三十年もドイツに住み、仏語でいうところの、déraciné(デラシネ、根無し草)となった著者が、おめでたくもそれに気づかず、表面的な言語遊技に興じ、かつ、ドイツ語で小説が書ける、そのことのみで尊敬してしまっている編集者に本を出してもらってその気になっているにすぎない姿、それが本書である。なにかあるかと期待して買ったが、今回もなんらインスパイアされることはなかった。(しかし、ドイツ語には、、déraciné(デラシネ) にあたる概念はないのかな〜?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月18日 (水)

『キャプテン・フィリップス』──自衛隊には完璧なソマリア語を話す隊員がいるか?

『キャプテン・フィリップス』ポール・グリーングラス監督

 

「窮鼠猫を噛む」的なソマリア人漁師たちが海賊と化す。仏新聞(ネット版)「ル・モンド」などで海賊の被害についてはしばしば目にしていた。これがそれかー……である。『ユナイテッド93』で、9.11の「実行犯」たちの姿も公平に描いた、ジャーナリスト出身のポール・グリーングラスは、今回の実際にあった事件でも、「実行犯」側の状況へのまなざしも忘れない。しかし、決して許される行為ではないが、そのように起こった事件の、現実には見られない「実況映像」というものが手に取るように「見える」のである。

 印象に残ったのは、救助に来た米海軍の駆逐艦に、完璧にソマリア語を話す、おそらく「ソマリア系」と見られるUSネイビーが乗船して交渉する場面である。ほかに、精鋭のシールズたちの、狙撃の精度もまざまざと見ることができる。

 そして、やはり、トム・ハンクスの偉大ともいえる演技力である。キャプテンが登場した場面からもう引き締まっているのである。ふだんから危機管理意識の高い船長であったればこそ、部下たちの命を救いかつ、自分も生き延びたのである。ソマリア人の海賊たちも、そのやせ方といい、思わず俳優であることを忘れてしまうほどである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

インテリジェンス機関を持つことに日本は十分成熟しているのか?

 特定秘密保護法案に関して、まず、私は「なんで今頃?」と思った。その「秘密」は、以下でわかった。

 憲法学者、水島朝穂氏のHPである。

http://www.asaho.com/jpn/index.html

その「直言」に以下のようにあった。

 「今回の特定秘密保護法の真の立法者は警察官僚である。法案を作成した内閣情報調査室で最も活発に意見を出したのは、警察庁警備局警備企画課(「チヨダ」という公安警察の司令塔)だった(※リンク先はPDFファイル)。3年前の10月、警視庁公安部外事3課テロ対策担当者の個人情報や、監視対象者や捜査協力者の情報が大量にネット流出したが、この事件が10月に時効になった。これは警察上層部のトラウマとなった。今回実現した「適正評価制度」こそ、全公務員に疑いの眼差しを向け、その監視・統制をはかる最大の武器になり得る。そして、秘密を扱う公務員の「身近にあって対象者の行動に影響を与えうる者」への調査が可能になるため、一般市民やジャーナリストなどに監視を広げていくことも可能となる。秘密があるかどうかも秘密、何が秘密であるかも秘密、秘密を取り扱う人の取り扱い方も秘密ノ。まさに「生まれも育ちも中身も『秘密』に包まれて」というわけである。これは、戦後の内務省解体で警察官僚が失った権限の復権につながるものと言えるだろう。」

  まあ、官僚なんですね、原案を作って、働きかけたのは。それは、「特定秘密保護法案と日本版NSC」というKindle書籍(週刊金曜日刊の、福島みずほが佐藤優にインタビューしたもの)で、佐藤優が訴えていたことと重なる。つまり、日本の政治は官僚のほしいままになりつつあるのである。ただ、その施行までに(最大限)一年あるので、その間に阻止することも、まったく不可能ではないらしいが、場合によっては逆に施行を早められるという可能性もはらんでいる。

  こうした事態に関しては過去の翼賛的国民監視装置と比較され、多くの人々が懸念している。

  アメリカには、大統領のインテリジェンス機関、CIAや、国防総省のインテリジェンス機関、軍のインテリジェンス機関など、さまざまな権力機関がそれぞれの情報組織を持っており、権力争いをしたりするの姿は映画にも描かれている。またかつて権力機関にいた人間が、回顧録などを出版しても、ある情報に関する秘匿は要求されても、犯罪者になることはない。果たして、日本はそういうインテリジェンスの取り扱い機関(とくに、安全保障に関しての情報であるそうだが)を持つことに対して十分成熟しているのかが、私は問題だと思う。

  案外ウィキリークスの活躍に期待してみるのも、対抗の一案かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »