« 『あらすじで読むシェイクスピア全作品』──新書にはまれな永久保存版 | トップページ | 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』──ディープなアメリカのフツーの人々 »

2014年2月26日 (水)

『100語でわかる西欧中世』──ペダンチックなトリビアの隘路

『100語でわかる西欧中世』(ネリー・ラベール、ベネディクト・セール著、高名康文訳、文庫クセジュ 988、2014年2月19日、白水社刊)

 クセジュ文庫のシリーズである、「100語でわかる」という邦題そのものに、まやかしがある。この題名からは、入門書によくある、「かんたんにその世界がわかる」というニュアンスがある。しかし実際は、本書を読んだところで、「西欧中世」なるものが、一般読者に明確になるものではない。それこそ、専門の学者でなければすぐに入れない、あるいは、必要ない知識で溢れている。しかし、それも「正確」であるなら、まだ何かの役にたとうというものであるが、本書はその正確さすら保証しない。

 まず、西欧における中世とはなにか、その定義についてすら、正確ではない。それは、ごく簡単に言ってしまえば、ギリシア、ローマの古代が、北方の蛮族によって破壊されつつも、キリスト教によって統一されたのち、ルネッサンスの直前まで続いた時代である。しかし、本書には、ルネッサンスに関わっていそうな「単語」も選ばれている。西欧中世を知るなら、まず、キリスト教について知らなければならない。それを通り越して、いきなりペダンチックな「言葉」を並べられ、歴史的でもなく、文学的でもない、その両方であると「著者」は主張するが、結局は、どちらへも逃げられる曖昧な「エクリチュール」の連鎖である。

 「西欧中世」を、フランスだけで、かたづけることがどだい無理なのである。ここには、「イタリア」も「イギリス」も抜け落ちている。まさに、「専門の研究者」以外に、本書はなんの役にたつというのだろう。

 私が住んでいる街(福岡)のジュンク堂においても、「文庫クセジュ」の場所は、お店の人に聞かなければわからない場所にある。もうこのシリーズの存続は無理があるのではないだろうか? それが証拠に、本書の訳者も書いているように、かつてはその分野の碩学が執筆していたものであるが、本書は、若手の女性研究者二人である。一人は歴史学、一人は文学であるというが、どちらも、一般読者にはどーでもいいようなテーマを研究している。フランスの学界がどうなっているのか知らないが、日本では、こうした文化系学界というのは、ほんとーに、なんの役にも立たない。当然、実学としての役立たずもあるが、文学をクリエイトすらしない。

 訳者の日本語もそれほど読みやすいわけでもない。だから、訳者の勧める、通読などすらすらできない。まして、この単語群、説明では、辞書的にも使えない。「訳者あとがき」も、必要以上に、私事が書かれ、どうかと思われる。

|

« 『あらすじで読むシェイクスピア全作品』──新書にはまれな永久保存版 | トップページ | 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』──ディープなアメリカのフツーの人々 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『100語でわかる西欧中世』──ペダンチックなトリビアの隘路:

« 『あらすじで読むシェイクスピア全作品』──新書にはまれな永久保存版 | トップページ | 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』──ディープなアメリカのフツーの人々 »