« ワタシ的「フィリップ・シーモア・ホフマン追悼」 | トップページ | 『100語でわかる西欧中世』──ペダンチックなトリビアの隘路 »

2014年2月18日 (火)

『あらすじで読むシェイクスピア全作品』──新書にはまれな永久保存版

『あらすじで読むシェイクスピア全作品』(河合祥一郎著、2013年12月刊、祥伝社新書)


 帯にあるようにも、欧米の教養人、あるいは、古典を読むにあたって、必須の知識は、聖書とシェイクスピア作品である。欧米の人々はそれがわかっているから、成長していく過程で自然に身につけることができるが、日本では、こういう知識は、意識的に身につけなければならない。資格試験の点数がいくら高くても、このような知識を欠いていたら、欧米人には教養ある人とは認めてもらえない。

 確かに、語学の教科書でも、部分的に取り入れられていたりしているが、網羅してリストに、かつ、ポイントが書いてある本は、あるようでない。文学的な専門書にしてからがそうである。それを本書は、いとも気軽に(とはいえ、大変な知識と読書量を要すると思うが)、惜しみなく、読者が参照しやすいように書かれている。

   『ロミオとジュリエット』や『ハムレット』などはおなじみであるが、シェイクスピアの歴史劇などは複雑で、戯曲に丸腰でかかっても歯が立たないということがある。その点、本書を読めば、その構造もすっきりで、文学そのものに集中することができる。

  よくある、あらすじだけを書いた本とはまったく違う。私など、なかなかシェイクスピアを攻略できないでいたので、「このような本をよくぞ書いてくれました。ありがとう」と陰ながら著者に手を合わせる日々である(笑)。

|

« ワタシ的「フィリップ・シーモア・ホフマン追悼」 | トップページ | 『100語でわかる西欧中世』──ペダンチックなトリビアの隘路 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『あらすじで読むシェイクスピア全作品』──新書にはまれな永久保存版:

« ワタシ的「フィリップ・シーモア・ホフマン追悼」 | トップページ | 『100語でわかる西欧中世』──ペダンチックなトリビアの隘路 »