« 『努力する人間になってはいけない 』──哲学書を装った(悪い意味での)「ビジネス書」 | トップページ | 二月は古句が似合う季節 »

2014年2月 5日 (水)

誰かに似ている

若き日(といっても、自殺する年の昭和2年、35才のとき)の芥川龍之介は、こんな顔((遺言通りの岩波の全集、第9巻)

最近、わんさかいて名前を覚えられない、若手俳優、歌手、タレントのなかに、こんなカオいなかったか?

この全集には、遺書も収録されているが、たしか、何人かの知人に、死ぬ理由や、死後はこうしてくれ、という指示を与えている。妻には、事務的なことのみ。全集は「岩波から出したい」と。枕元には聖書。

なんで死ぬか? 恋愛をしていて、一方に家族があって、邪魔だ。そんなあけすけなことが書いてあった。これも、若さゆえ、なのか。

Img_1433

Img_1434

Img_1435

|

« 『努力する人間になってはいけない 』──哲学書を装った(悪い意味での)「ビジネス書」 | トップページ | 二月は古句が似合う季節 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰かに似ている:

« 『努力する人間になってはいけない 』──哲学書を装った(悪い意味での)「ビジネス書」 | トップページ | 二月は古句が似合う季節 »