« 「おひとりさま」ベジタリアン・ディナー | トップページ | 書いたものを公にするということ »

2014年5月18日 (日)

「困った人々」

「鼻血まんが問題」で、雑誌の自粛、出版差し止めかなんか知らないが、「朝鮮人が暴動を起こすから殺せ〜!!」なみに、「表現の自由が侵された」と騒いでいる人々がいるが、「表現の自由が侵される」とは、このような程度ではない。中国では、牢獄行きだし、死刑だってありうる。それが「表現の自由が侵される」ということだ。

なぜ、福島のものを食べて「鼻血が出た」という漫画が困るかと言えば、福島の農産物が売れなくなり、困るのは福島の人々だからだ。

一方で、福島の人々を救うためと言いながら、こういう「妨害」行為を平気でしている。自分たちの行動が矛盾しているとは思わないのか?

たとえば、福島の原発事故「直後」に、食物を食べて鼻血が出るようなことがあったとして、その放射性物質はなんだったのか? これを特定して、初めてなにか言いうるだろう。鼻血が出たのは、ほんとうに放射性物質が原因なのか? 医者が証言している? 果たしてその医者に、放射性物質に関する知識はあったのか? その症状は、事故後のいつ出たのか?

放射性物質とは、われわれの中にも存在するし、植物の中にも存在する。だから、5000万年前くらいの生物がいつの時代か計れる、「炭素14測定法」なるものがある。

すぐに症状が出る危険な放射性物質に、ヨウ素131があるが、これは急速に崩壊し、短時間で大量被爆する。甲状腺にたまり、甲状腺癌を引き起こす。しかし、数週間後には、消えてしまう。

一方、バナナの中に含まれている放射性物質の半減期は10億年なので、ゆっくり崩壊し、放射線も人体に影響のない程度である。

広島、長崎で被爆した人々が苦しんでいるのは、半減期が30年の、中間の長さの放射線で、人の半生ほどの長さ、放射線を出し続けるからである。

そういう知識もなしに、ぎゃあぎゃあ、騒いで、はた迷惑な行為をし、しかも、どんなことを言っても、まったく自由なんで、日本に生まれてよかったとは、思わないのか? 平和ボケもいいかんにしてくれ!

|

« 「おひとりさま」ベジタリアン・ディナー | トップページ | 書いたものを公にするということ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「困った人々」:

« 「おひとりさま」ベジタリアン・ディナー | トップページ | 書いたものを公にするということ »