« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月11日 (水)

『グランド・ブダペスト・ホテル』──ポスト・ポスト・モダン的

『グランド・ブダペスト・ホテル』ウェス・アンダーソン監督

 ストーリーはあるにはあるが、ウェス・アンダーソンが本作で描きたかったのは、「一覧できるヨーロッパ的なるもの」と、「そのディテール」であろう。ゴダールもことさらホテルを舞台に選び、「ホテルではあらゆる人が出会い、なんでも起こりうるから」と言っていたと思うが、そこを、この作品は外していない。

 ホテルに、とくに、高級ホテルに行けば、「従業員の最下層」と思われるベルボーイがいて、すぐに荷物を持ってくれる。一応、本作品の「主役」、コンシェルジュのグスタフも、ベルボーイあがりであることが、映画の後半で明かされる。といってもたいていは予想がつく。本作では、いつもは脇でしかないコンシェルジュを主役に、その職業の人々に大活躍させる。また、囚人など、高級ホテルからは縁遠い人たちにも、一流俳優がキャスティングされ、豪華さと批評を同時に達成している。

 ウェス特有の、「いわゆるひとつのディテール主義」は、本作でいっそう拍車も磨きもかけられ、思想にまで高められている。T.S.エリオット、ヘンリー・ジェイムズら、ヨーロッパに魅せられた一流アメリカ人の、もしかしたら、正統なる後継者は、彼なのかもしれない。

 「現在」「1960年代」「1930年代」の「中央」ヨーロッパが、入れ子構造に舞台になっていて、物語の中心は、1930年代にあるが、中央ヨーロッパの崩壊、再編成、クリミア、ウクライナ問題、ドイツ語、フランス語、カトリックの神父などの噛み合わせ具合は、現在の状況をも重ね合わすことができる。

 大はホテルから、小はお菓子まで、あらゆる「道具」をオリジナルに製作している神経の届き方には、ただただ敬服するしかないが、なかでも一番感心したのは、大富豪の老夫人の家にあった絵画で、彼女が、「愛する友=コンシェルジュ」のグスタフに遺してくれた作品であるが、画家も架空なら、「林檎と少年」という題名だったか、その絵も作り物だが、その「いかにもの」少年の姿である。エンド・クレジットには、その絵のモデルとなった人物の名前まであった。BGMも、前作『ムーンライト・キングダム』同様、クラシックが贅沢に、かつ教養的に配されている。

 「デリダ」だの「だれだ」だの、おフランス思想に未練たらたらの日本の「現代思想」愛好者も、いろいろ小難しい理屈をこねる前に、こんだけの映画を作ってみたらどーだね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

カンバーバッチ、D-Day 警告放送のオリジナル原稿を読む

25年前は、「天安門事件」だが、70年前は、「ノルマンディー上陸」(いわゆる、D-Day)。それを記念して、BBC Radio4で、ベネディクト・カンバーバッチらが、当時の「警告放送」の原稿の一部(実際は、200ページ以上ある)を、「ニュースの再現」として読んだ。目的は、D-Dayの意義を、国民に深く理解してもらうため、とか。やはり、イギリス人は志がちがう。

日本でも、「玉音放送」を、誰か俳優、イッセー尾形(あまりにもイージーなキャスティングだが(笑)。註:アレクサンドル・ソクーロフの映画『太陽』(2005年)で、昭和天皇に扮した。なかなか感じが出ていた)なんかに読ませるとか、したら、どーだろー? ねえ、安倍チャン。

こちとら、カンバーバッチさまのファンなもので、ただお声が聴きたいがために、何度も「再生」。やはり、BBCの意図通り、D-Dayについても関心を持った(笑)。「聴く」ところによれば、確かに、「1時間前の警告」と言っている。緊迫した様子がよく出ている。

http://www.bbcamerica.com/anglophenia/2014/06/benedict-cumberbatch-reads-d-day-news-bulletins-70th-anniversary/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

三島由紀夫の短編『中世に於ける一殺人常習者の遺せる哲学的日記の抜粋』

Facebookである方が三島由紀夫の短編、「中世の於ける一殺人常習者の遺せる哲学的日記の抜粋」について言及されていたので、昔読んだのを思い出して、取り出してみた。その方は、この短編を、自薦短編集で読まれたようですが、私は、橋本治編の「日本幻想文学集成」『三島由紀夫』(国書刊行会)で出会った。

だいたい私は、「400字詰め枚数出し症候群」なので、400字詰めでは何枚くらいなのか、枚数を出して、そこに書き込んである。本短編は、23枚程度。「感想」もいっしょにそこに書き込んであった。

「こういうタイトルをつければなんでも小説にできる」(笑)。

そして、編者の橋本治の解説。

「三島由紀夫の小説を読むと、その説明の多さに気がつく。三島由紀夫は装飾過剰の人だとはよくいわれることだが、今改めてこれを読むと、装飾より説明の多さの方が目につく──『よくこれだけ説明する事柄があったものだ』と。三島由紀夫は、まだ説明というものが必要で可能だった時代の作家なのだ。そして、三島由紀夫の生きていた時代には、そのことがまったくといっていいほど理解されなかったのだと思う」……

橋本治の作家分析のすべてを評価するものではないが、こと三島由紀夫に関しては、かなりイイ線をついているのではないかと思う。

Img_1834

Img_1836

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

リアルタイム福島レポート

友だちが福島入りしていた(2014年6月1日。「手しお屋」というNPOの「ツアー」に参加したらしい)。以下、括弧内は、彼女のメール。

「昨日は仮設住宅を訪問し、今日は原発近くの被災地を視察。復興はまだまだだね」

「2時間しか滞在してはいけないところに、線量計を持っていった」

「飯坂温泉の宿では、0.15マイクロシーベルトだったが、富岡駅付近では、最大1.31(マイクロシーベルト)だった」

*****

ご参考までに。

1シーベルト(Sv)=1000ミリシーベルト(mSv)=100万マイクロシーベルト(μSv

数値は、たぶん、1時間いたら、被爆する線量だと思うので、この数値は、問題ないように思える。だから、「観光客」がいる。健康への影響は、何百ミリの単位になってはじめて、考慮する値になる。

****

今日来た続編。

「仮設住宅の人や宿に来て話をしてくれた被災者の人に、美味しんぼの鼻血の件について聞いたら、「怒りを感じる」って言ってた」

写真は、彼女が撮影した、富岡駅。

Tomioka

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »