« 飯田蛇笏の随筆『薄暮の貌』──日本で、「ボルヘス」であること | トップページ | 即興現代詩「オレンジTシャツの女」 »

2014年8月18日 (月)

『マック・ザ・ナイフ』聴き比べ

ミコちゃんの『マック・ザ・ナイフ』すばらしー!

ブレヒトの劇『三文オペラ』の劇中歌から生まれたポピュラーソング、『Mac the knife』の、以下、ワタシ的ベスト8。

この8人を、iPodで聴き比べ。

"Oh, the shark, has, pretty teeth, dear...." この歌い出しをどう歌い出すか……。1はぞくぞくする。これに近いのが、ミコちゃんこと、弘田三枝子である。

1、マイケル・ブーブレ(なんたって新しい! ノリの軽さは21世紀的)

2、ケヴィン・スペイシー(主演、脚本、監督、制作、一人四ヤクで、ボビー・ダーリンの生涯映画化、歌い方もそっくりだが、本人より本人らしい)

3、ボビー・ダーリン(いかにも、ある時代を象徴)

4、シナトラ(いかにもマフィアっぽい(笑))

5、弘田三枝子(発音、リズム感、ネイティブに引けをとらない)

6、堺正章+クレイジー・ケン(堺、声ががらがらなれど、歌うまし)

7ルイ・アームストロング(歌だけ独立版としては、オリジナルの歌手)

8エラ・フィッツジェラルド(毎度クリアな英語)

|

« 飯田蛇笏の随筆『薄暮の貌』──日本で、「ボルヘス」であること | トップページ | 即興現代詩「オレンジTシャツの女」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『マック・ザ・ナイフ』聴き比べ:

« 飯田蛇笏の随筆『薄暮の貌』──日本で、「ボルヘス」であること | トップページ | 即興現代詩「オレンジTシャツの女」 »