« 『紙の月』──宮沢りえ賛江! | トップページ | 『インターステラー』──よくわからない世界をよく映像化している(★★★★★) »

2014年11月27日 (木)

『6才のボクが、大人になるまで。』──繊細な少年のイーサンがオヤジになるまで(★★★★★)

『6才のボクが、大人になるまで。』(リチャード・リンクレーター監督、2014年、原題『Boyhood』)

 オーディションで選ばれた6才の子役を使い、同じその子を、18才なるまで、毎年同じメインキャストで撮り続けたということで、話題になっている作品。1人の男の子を12年間追い続けた手法はドキュメンタリー「風」ではあるが、結局、フィクションを撮り続けている、というところがポイントである。

 ガキっぽい父親役のイーサン・ホークがからくも言っているように、主役のエラー・コルトレーンの、クリエイティビティに、ひたすらかかっている。この子が、途中で、いくらフィクションとはいえ「つまらんガキ」になってしまうリスクも抱えていた。

 同監督の『ビフォア・サンセット』(その後のシリーズも)もそうだが、本作もドキュメンタリー「タッチ」ながら、完全なるフィクションを、その「手触り」を感じさせながら撮っている。いま、フィルモグラフィーを見たら、私のすきな俳優、ジャック・ブラックとも、イーサン・ホークのように、何作か作っていて、なかでも、今回の作とはまったく毛色が違う、『スクール・オブ・ロック』も彼の監督だった。そこには、既成の概念、できあいのゴージャスさに対する反抗が見てとれる。

 本作は、子役の少年の感受性もさることながら、「姉」や「両親たち」も、12年間の間には成長していて、パトリシア・アークェットの母親は、ちょっとだらしない雰囲気を漂わせながら、格闘しながら子どもの成長を見守っていき、自分も勉強して、大学で教えるまでになっていくし、まるでガキのような父親のイーサン・ホークも、ほかのおとなにはない優しさを秘めながら、父性に目覚めていく。若い日のあやまちで子どもつくり、若さゆえか、簡単に別れてしまった両親は、それぞれ成熟し、またふたりでくっつけばいいのにと思えども、そこはそれべつの人生を生きていく。

 本作で、男の子は変化していくが、作品としての安定を保証しているのは、父親役のイーサン・ホークの存在である。『今を生きる』の頃のホークは、本作の少年より繊細さを感じさせる少年であった。その純な核は変わらず、体型も12年間ほとんど変わらず、なかなかの俳優と見直した次第だ。

|

« 『紙の月』──宮沢りえ賛江! | トップページ | 『インターステラー』──よくわからない世界をよく映像化している(★★★★★) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『6才のボクが、大人になるまで。』──繊細な少年のイーサンがオヤジになるまで(★★★★★):

« 『紙の月』──宮沢りえ賛江! | トップページ | 『インターステラー』──よくわからない世界をよく映像化している(★★★★★) »