« 芥川龍之介に捧げる句 | トップページ | 『紙の月』──宮沢りえ賛江! »

2014年11月22日 (土)

ヴィゴ・モーテンセンに「ウェルカム・ボート、マム」と言われたい(笑)

(アメリカでいちばんセクシーと思われる俳優、ヴィゴ・モーテンセンと、「アメリカの良心」と言われる学者のハワード・ジン(故人)が友だちであり、モーテンセンは、ジンの活動に協力していたというニュースを見て、急に思い出した↓)

 かなり前に、デミ・ムーア(いろいろ「お直し」している俳優が多いが、デミは高校時代の写真と、一番人気のあった頃の写真がほとんど変わらなかった。その後、ストリッパー役のため、すごいお金をかけて、体を「お直しした」とも言われるが……(笑))が、海軍だかの軍人で、「女でもできるキャンペーン」のため、海兵隊に入れられ、地獄の特訓を受ける。生え抜きの男子軍人でもネを上げる、アメリカ一厳しい特訓である。

 その教官を、ヴィゴ・モーテンセンが演じた。顔はサングラスをしてよく見えないが、スリムな肢体、アゴのライン、イケメンであることが丸わかりであるが、情け容赦ない鬼の教官である。

 デミは鍛え抜かれる。いっさい手抜きなし。教官からは、まるでゴミのように扱われる。しかし、見事合格し、白いマリンの制服を着て、乗船する──。

 合格者ひとりひとりを、合格の印を与えつつ出迎える教官。これまで、ゴミのように扱っていた教官が、恭しく手を差し伸べる。

「ウェルカム・ボート、マム」と言って。

(写真は、カンタブリア海@北スペイン、向こうは、イングランド)

Canbria_o1

|

« 芥川龍之介に捧げる句 | トップページ | 『紙の月』──宮沢りえ賛江! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴィゴ・モーテンセンに「ウェルカム・ボート、マム」と言われたい(笑):

« 芥川龍之介に捧げる句 | トップページ | 『紙の月』──宮沢りえ賛江! »