« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月29日 (木)

『オオカミは嘘をつく』──イスラエル人がイスラエルを告発した映画(★★★★★)

『オオカミは嘘をつく』(アハロン・ケシャレス/ナヴォット・パプシャド監督、2013年、原題『BIG BAD WOLVES』)

  タランティーノ絶賛!という宣伝文句だが、それもよくわかる。「タラちゃん絶賛!」がなかったら、スルーされていた映画だろう。なんせイスラエル映画である。イスラエルといえば、やはりモサド、秘密警察、拷問……といったイメージがあるが、そのとおり(笑〉、街も人々もうそ寒い。かわいく美しい少女が被害者の陰惨きわまりない事件が起きる。すぐに容疑者が刑事たちによって暴行される。警察も上の方は、公式には、やりすぎるなと注意する。しかし、刑事は暴走する──。そこへ、被害者の父親がからんでくる。この男が、よく被害者の家族が、「犯人を殺してやりたい!」と言うが、それとはまったく違う意味でイカれた男である。容疑者を勝手にリンチするという、ハリウッド映画とも趣をことにする(笑)。暴力の味わいがちがう。ハリウッド映画のような、カタルシスとは無縁である。ヒーローも、いい男もいない。常識もない。ただただ観客はこの、イスラエル風暴力を「見させられる」だけ。とにかく陰惨、とにかくうそさむい、なのに、どこか笑える。ここが重要。結局、登場人物はかぎられ、舞台劇のようになるが、映画でなければあり得ないポイントはたくさん押さえられている。

  最後のオチがまた、さもありなんのイスラエル的悪夢。この悪夢は今もおそらく続行中であろう。なんとも「ゆかいな惨劇」を作り上げ、ひそかにイスラエル政府を告発していると見た。だからこそ、ただひとり登場するアラブ人がかっこよく、いい男で、この人物のみが「正常」であると思わせられる(という映画)。はあ、わたくし、タラちゃんに私淑しているものですから(笑)。あまりの陰惨シーンも、やりすぎて、作り物っぽく見える。そういう「救い」を残しているのが、タランティーノ好みの暴力なんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おそいかもしれないが……

ここで↓署名、かつ、FBの「友だち」109人に、以下のurl添付メール送信。
https://secure.avaaz.org/jp/petition/petition_54c8be966f5ed/?sFHGMgb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月26日 (月)

『ビッグ・アイズ』──微妙なテーマと豪華な俳優陣(★★★)

まずモデルとなった画家の絵にまったく魅力を感じない。「ポップアートの草分け」だの、「わくわく」だの配給会社から配られた資料まんまに「盛り上げて」書かれている「映画.com」のライターさんもごくろうさまなこったです(笑)。

 この映画の見所は、新人画家が世に出て行くための細部で、それは、1950〜60年代のアメリカも、今の日本もそれほど変わらないような気がする。かててくわえて、絵画界(画壇とはちと違う)のリアリティを作り上げている俳優たちである。スノッブな画廊経営者の、ジェイソン・シュワルツマン(あまり脚光を浴びるタイプではないが、この人が出ると妙に映画がそれこそ、芸術っぽくなる。『グランドブダペスト・ホテル』しかり、『ムーンライト・キングダム』しかり『ダージリン急行』しかり)と、やはり多少美術に関わっていたらしい、「まっとうな美術評論家」役の、英国のがんこジーサン、テレンス・スタンプ、新聞記者役の、ジョン・ヒューストンの息子でアンジェリカの弟のダニエル・ヒューストンたちである。そういう重厚な俳優陣を背景として、エイミー・アダムスの微妙さを出せる演技と、ヴォルツのおちゃらけが展開されるのである。まあ、ぜいたくきわまりない映画であるが、ちょっと演出法を間違っちゃったようである。これは、むしろ、胡散くさいキーンの役を、ティム・バートン御用達俳優、ジョニー・デップにやらせて、彼が主役の映画にすれば、バートンらしさはもっと出てテーマもくっきりしたかも……(笑)。しかし、デップがこういう題材はやりたがらないだろう。映画的なおもしろさはどこにもないからだ。音楽のダニー・エルフマンも、今回は、なんかサエないような……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月16日 (金)

いわゆるひとつの桑田問題

 桑田佳祐が、ライブで、紫綬褒章を取り出して、「5000円からどう?」とオークションのように「遊んじゃった」演出で、そののち、FAXで、各メディアに謝罪したというニュースがあったが、あれなんか、どーなんでせう?

たとえば、おフランスで、世界的に話題の経済学者、トーマス・ピケティは、レジョン・ドヌール勲章を辞退表明している。桑田も、「遊ぶならもらうナ、もらうなら遊ぶナ」ではないでしょうか(笑)。

 まあ、「反骨」を気取るなら、せめて、NHK出演と国がくれる勲章は拒否してほしかったですね。音楽的には天才だと思うけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月15日 (木)

フランスはどうなる?

FaceBookでの、『Le Monde.fr』のフォローをやめた。同じこと(例のあの「私はシャルリー」)ばかり、手替え品替え繰り返してウザい。風刺週刊誌『シャルリー・エブド』がテロリストに襲撃され、何人もの風刺漫画家(編集長を含む)が殺されたが、この週刊誌は、かなり長期にわたり、イスラム関係者を挑発し続けてきた。無辜のアフリカの一般市民がテロリストに殺され続けているのとはわけがちがう。

「命知らずにも」テロリストを挑発を続けたことは、「命より(彼らの考える)『言論の自由』の方が大切だ」という認識があったとしか思えない。

フランスは、「テロとの戦争」を宣言した。血で血をあがなおうというのか? オルランド現大統領(社会党)もそういう立場だが、極右政党「フロン・ナショナル」のマリーヌ・ル・ペン党首も同じことを言っている。テロリスト、イスラム原理主義者と、普通のイスラム教徒は違う、と認識し合う場面にはたびたび出くわすが、やがては混同されるだろう。憎悪のなかで、意識的に混同されうる危険をはらんでいる。

「私はシャルリー」を茶化し、テロリスト支援であるかのような見え方をした芸人が逮捕された。「言論の自由」などと言いながら、すでに思想統制が始まっている。

さあて、どうなるんですかね、おフランスは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

ロウバイの香り

いいなあ……ロウバイ……と思っていたら、犬友婆さんの家の前を通ったら、おばあさんがちょうど姿を現したところで(って、午後11時頃ですけど(笑))、さっそくお庭に入れてもらい、ロウバイをいただきました。チャック(18歳!♀)の家のロウバイは、落葉低木らしからぬ10メートルくらいの高さで、樹齢60年以上。みごとに匂う木々です。この種が飛んで、べつの場所でも木が成長して花をつけています。そちらの低い方の枝を切っていただきました。家の中に活けた数本でも家中がロウバイの香りに溢れます。

ついでに、たわわに実ったレモンもいただきました。「去年は3個しか実ができなかったのに、今年は山ほど、ヘンねえ……」と、おばあさん。闇の中に黄色いレモンがごっちゃりなっているのが見えます。

あ、おばあさんから絶対の信頼を得ている、チャックの「ご学友」わん太のおかげです(笑)。

  ロウバイは梅にはあらずゴドー待つ

Robai2

Robai1

Robailemon1

Lemon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月12日 (月)

『トラッシュ! ーこの街が輝く日までー』──少年たちが主役の極上のミステリー(★★★★★)

『トラッシュ! ーこの街が輝く日までー』(スティーヴン・ダルドリー監督、2014年、原題『TRASH』)

 ブラジルという問題を抱えた国の、底辺に生きる少年たちの世界に材を取りながら、おとなの鑑賞に耐える極上のミステリーとなっている。伏線もすばらしく、登場人物たちの、いわゆる「キャラだち」もきめ細かく、なにより、少年たちが自力で事件を解決していくストーリーにも、これまでのストリート・チルドレンものにはない、すがすがしさがある。

 少年たちはオーディションで選ばれた無名の少年たちであるということだが、同じような選考方法でキャストを選んだ、7人のオバチャンの物語『滝を見に行く』の学芸会ぶりとはえらい違いの、目を惹きつける演技である。少年たちの才能もあるだろうが、彼らにのびのび演技させている監督の演出力もものを言っている。

 名前のある俳優として、神父役のマーチン・シーンと、ボランティアで勉強を教えるアメリカ人女性役の、ルーニー・マーラの、どちらも、少年たちを引き立たせかつ包み込みような演技でプロらしさを見せている。ブラジルという国のゴミの街のエネルギーをフットワークのよいカメラワークで見せつけ、音楽もさりげなく最新の洗練をあてている。テーマ、美学、エンターテインメント、そのどれをとっても「2015年」を感じさせる、年頭いきなり、ナンバーワンの映画である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »