« 『セッション』──生涯ベスト3(★★★★★★★) | トップページ | 『インヒアレント・ヴァイス』──ピンチョン+ホアキン=痺れる夢の時間(★★★★★) »

2015年4月21日 (火)

ミシェル・フーコーへのソネット

ミシェル・フーコーへのソネット

きみにシェークスピアのソネットの有名な第十八番を贈ろう。

きみはまだドイツのある街にあるカント記念館の若き館長で、

そこで大変な間違いを見つけた。

だが、歴史はそれを問題にしない。

人々はそれを忘れ去る。

きみはドイツ語が得意で、世界は、まだ完成されていない。

きみは男の恋人のことを思う。

ゲーテがワイマールで人妻を思ったように。

鷹か、鷹だ。飢えた鷹だ。朝一で獲物を探している。

ゲーテがそれを詩にして、さらにベケットがそれを詩にした。

詩は、鷹の狙う獲物に似ているじゃないか。

実際、時間はなにを運ぶのか。

ベラスケスの『侍女たち』のなかには何が隠されているのか。

それは画家の視線とか"われわれ"の視線とか、そういったものじゃないだろう。

A sonnet to Michel Foucault

That Shakespeare's sonnet number 18 is given for you.

You are still young director of Kant's memorial hall in a town in Germany.

Where you've found a big mistake.

But history do not take notice of it.

They forget it.

You are very good at German, and the world is not comlete d yet.

You think about a male lover.

Like Goethe who thought about a married woman at Weimar.

Hawk? Yeah, a hawk. A hangry hawk. Seeking for prey first in the morning.

Goethe wrote him in his poem, and Beckett wrote them in his.

Don't you think poem looks like prey aimed by hawks?

What does time carry actually?

What is hiden in Velazquez,s " Las meninas"?

No, not painter's look, nor "ours" at all.

Img_2941

|

« 『セッション』──生涯ベスト3(★★★★★★★) | トップページ | 『インヒアレント・ヴァイス』──ピンチョン+ホアキン=痺れる夢の時間(★★★★★) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミシェル・フーコーへのソネット:

« 『セッション』──生涯ベスト3(★★★★★★★) | トップページ | 『インヒアレント・ヴァイス』──ピンチョン+ホアキン=痺れる夢の時間(★★★★★) »