« 『ゼロの未来 』──自己模倣地獄(★) | トップページ | 『真夜中のゆりかご』──「本格」ベースの父性愛の物語(★★★★★) »

2015年5月24日 (日)

長尾智子著『85レシピと10の話 あなたの料理がいちばんおいしい』──「料理とは思想である」

『85レシピと10の話 あなたの料理がいちばんおいしい』(長尾智子著、2015年5月、KADOKAWA/メディアファクトリー刊)

 

 生物は食物を摂取しなければ生きていけない。それが人間の場合、日々の料理(こんな悠長なことを考えていられない状況の人々が世界には多くいるが)になる。日本のような余裕のある文明国になると、それが、「朝食は、昼食は、夕食は、なんにしよう?」が結構な問題となる。料理店で食べる、できあいものを買う、というのもひとつの選択肢ではあろう。しかし、毎日こんなことをしていたら、健康は、経済はどうなってしまうのだろう?と思う。なによりも、そういったものはすぐに飽きてしまうし、自分の生活を自分で作り出している充実感もない。

 そこで「おうちご飯」ということになるが、そのベースをどう形づくるか。いま、そんな考えのもと、さまざまの料理研究家が、すぐ手には入る新鮮な食材で、レシピを紹介している。だが──。近頃、私がいちばん買っているのは、西洋料理の基礎をも和食に取り入れ、レシピも今の時代にマッチするように研究している土井善晴だ。しかし土井氏の料理は、砂糖が多い(笑)。有元葉子もかっこいい料理研究家だが、どこかやっぱりお金がかかりそう(笑)。栗原はるみも人気で、なかなかよいが、手間と時間と、やはり材料費がかかりそう。私が評価する「三大料理研究家」は、以上の三人だった。

 しかしここへ来て、本書に接し、長尾智子のファンではあったが、日々の「おかず」に対してはエキゾチックすぎないか?と思っていた不満は解消された。まず、料理は、ただのレシピではない。システム的なライフスタイルでなければならず、お金はかからない方がいいが、味気ないのはつまらない。本書を読むと、料理に対する考えがちょっと変わる。「手抜き」などしなくても、時間が節約できる。お金をかけずにおしゃれにできる。「料理という思想」があってもいい。それは、そんなことを、「具体的レシピ」に添って納得させられる本。

*****

当ブログとだいたい同じ内容ですが、ここは写真のサイズに制限があるので、面倒で(笑)、写真などが中心の「日常的な内容」のものを入れておりません。要領に余裕のあるこちらのブログ↓も、お気が向けば寄ってみてください。

http://blogs.yahoo.co.jp/vraifleurbleu39

« 『ゼロの未来 』──自己模倣地獄(★) | トップページ | 『真夜中のゆりかご』──「本格」ベースの父性愛の物語(★★★★★) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ゼロの未来 』──自己模倣地獄(★) | トップページ | 『真夜中のゆりかご』──「本格」ベースの父性愛の物語(★★★★★) »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト