« 『このミステリーがひどい! 』──いちばんひどいのは著者(笑)(★) | トップページ | 『職業としての小説家 』──真に自立している作家(★★★★★) »

2015年9月 3日 (木)

『わたしに会うまでの1600キロ 』──細部がテキトー(★★★)

『わたしに会うまでの1600キロ』(ジャン=マルク・ヴァレ監督、2014年、原題『WILD』)

 

 原題は『(The なしの)WILD』。ショーン・ペンが監督した、『イントゥ・ザ・ワイルド』(2007年)を思い出す。あれも、大自然の中へ「入っていく」映画だった。そこへ行けば、なにか解決できるかのように。人は自然の偉大さ、厳しさに接し、なにかカタルシスのようなものを感じるのだろうか? イヤな自分や過去が「浄化」され、新たな自分に生まれ変わる──と、信じられるのだろうか?

 そんな動機付けなど関係なしに、自然に触れることはおもしろい。ほんとうはそれでいいのではないか? 長いトレイルを制覇した達成感は、興味本位で参加したとしても得られるだろう。

 野生に接した人間を描くのなら、とことん具体的に描いたものが見たい。だが本作は、どこかお手軽感に溢れているし、靴にしろ、荷物にしろリアリティに欠ける。そういうところは、大きな物語を語るためにテキトーにされている。つまり、人間ドラマなのか、自然なのか。べつの映画のネタバレにもなってしまうが、『イントゥ・ザ・ワイルド』の主人公は、結局野垂れ死ぬ。確か、最後は白骨化した死体が発見される。野生のなかに入っていった人間は負ける。

 本作では、いくら「トレイル」として指定されているコースとはいえ、野生のなかでサバイバルしたヒロインは、「ほんとうの自分を見出す」=野生に勝つ。果たして、野生とは、そんな簡単なものか? もちろん映画のなかで、ヒロインは大変な試練に遭っていたとは思うが。

 リーサ・ウィザースプーン(当時38歳くらいだが(笑))の肉体の感じも、彼女の母親役のローラ・ダーン(当時47歳くらいで、娘役のリーサと10歳も違わないのだが)のきめ細かい演技も、賞賛に値するものだとは思うが、映画作品全体としては、なにが言いたいのかわからないものになっている。それになりより、主人公の得た「さとり」(?)のようなものが、言葉で説明されてしまって、映画的にはよく見えなかったことが残念である。

****

余談:Yahoo!レビューのなかに、「年取ったリース・ウィザースプーンは、ウィレム・デフォーに似てきた」と書かれていたものがあり、思わず吹いた。

|

« 『このミステリーがひどい! 』──いちばんひどいのは著者(笑)(★) | トップページ | 『職業としての小説家 』──真に自立している作家(★★★★★) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522563/61449606

この記事へのトラックバック一覧です: 『わたしに会うまでの1600キロ 』──細部がテキトー(★★★):

« 『このミステリーがひどい! 』──いちばんひどいのは著者(笑)(★) | トップページ | 『職業としての小説家 』──真に自立している作家(★★★★★) »