« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月20日 (火)

『ぼくらの家路』──ドイツの子供(★★★★★)

『ぼくらの家路』(エドワード・ベルガー監督、2013年、原題『JACK』)

 若い女は遊びたい。しかし子供を持ってしまった。安易に考えたのかもしれない。子供はどんどん成長する。子供は、なによりも独立した人格である。幼いうちは母親の意のままにされるが、ある年齢を境に、自我が確立され、子供なりにどう生きるかの選択を迫られることになる。

 育児放棄の母親は今や世界中どこにでもいる。子供は本能的に母の愛を求める。どんな身勝手な母親でも、「ママが世界一すきだよ」と言い、心底そう思っている。ここがせつない。10歳にして6歳の弟の世話をして、まるで「母親」のように忙しく、朝の室内を走り回り、弟の着替えから朝ご飯の準備などをするところから始まる。いつからか、そう「しつけられた」ジャック。弟をお風呂で火傷させてしまったため、養護施設に預けられることになる。待ちに待った夏休み、母は迎えが「2日遅れる」と電話してくる。この2日がジャックは待てず、施設を抜け出し家(アパート)に帰るが鍵がかかっていて入れない。弟が預けられている母の友人の家に弟を迎えにいく。そこから、3日間、母と連絡が取れずに、つまりは、母は携帯に出ず、幼い兄弟のベルリンの街の彷徨が始まる──。

 美しく近代的なベルリンの街。大人たちの無関心。兄弟は、サンダル(やクロックス?まがい)や裸足でなく、ちゃんとヒモで結ぶ靴を履いている。ジャックは弟に靴紐の結び方を教える。なんでもないことのようだが、大切なことである。これで、長い距離をどこへでも歩ける。

 筆記具も重要な役割を果たす。彼らが住むアパートも、日本のように、「汚い狭い、惨め」な感じはない。ドアの前に靴箱があり、その棚にメモ帳と筆記具が置かれている。ジャックはここに、何回か、母への手紙を書き置く。かしゃかしゃと、ボールペンを走らす音、彼の筆跡。走り書きだが、大人びたジャックの筆跡。「ママ、どこにいるの?」「ぼくたち家まで来てるよ」「話したいことがあるんだ」「世界一すきなママへ」。これがフランスの物語なら、誰か、やさしい大人が世話してくれるかもしれない。アメリカ映画なら「奇跡」が起きるかもしれない。日本なら、是枝監督が『誰も知らない』ですでに描いた通り、悲惨な犯罪的状況へと堕ち込んでいくかもしれない。発展途上国なら、そのままストリート・チルドレンへ移行だろうか。

 しかし、ここはドイツである。子供たちはりっぱなドイツ語を話し(って、あたりまえか(笑))、インフラができあがっている。3日目、途方に暮れて家の窓を見ると、明かりがついている。「ママだ!」走っていってドアを叩くと、母親は何食わぬ笑顔で彼らを迎え、まるで何ごともなかったかのように、やさしくしてくれる──。

 翌朝、ジャックは、弟と眠っている母親を見て決意する。「施設へ戻ろう!」確かにそこでは、「母の愛」のようなものは望めない。しかし、ちゃんとした規則と、それなりに気遣ってくれる大人がいる。複数人がいっしょの部屋のベッドも寝具も、まるで中流家庭の子供部屋のように、かわいく清潔そうであった。いっしょに食べる食事も、サラダやパスタなど、子供たちも協力して作る。この施設の食事が、映画中、いちばんまっとうだったのは皮肉である。

 哀しくはある、しかしジャックはこうして、りっぱな人間になっていくような気がする。ジャック役のイヴォ・ピッツカーがすばらしい。早い自立を余儀なくされる少年を、ドキュメンタリーかと見まごうほどの自然さで演じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)

【詩】「détail論」

【詩】「détail論」

controproposta :反対提案

 元老院議員たちは去り

 岸辺に押し寄せる異民族の眠り

 汝の父は火

 それを知った時の深い哀しみ

 今も草の上に残る

 円環

Controrelazione : 修正報告

 人嫌いの支那人の庭園

 その昔は豊かな王国であったところの

 痕跡が

 彼をして出発せしめる

 たとえ

 幻が父であったとしても

 かつての母語を

 ひとつ、ふたつ、思い出すべき

controporta : 二重扉の外戸

controricevuta : 再領収書

 お察しのとおり

 ベラックァは

 ザリガニを茹でながら

 人生で二度と

 使わぬコトバを

 勉強中

 diacronia : 通時態(論)

 dislalia : 構音障害

 幸福とは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

10月15日生まれの3人

10月15日は、フーコー、ニーチェ、カルヴィーノの誕生日でした。たぶん、来年も同じでしょう(笑)。

ニーチェ(1844年(弘化1年、日本はまだ鎖国をしていました(笑))10月15日、プロシア生まれ)〜1900年(明治33年)8月25日、ワイマールで死去。享年、55歳。20世紀に届かず)

イタロ・カルヴィーノ(1923年(大正12年、日本では関東大震災)、10月15日、両親ともイタリア人の植物学者で、キューバで生まれる)〜1985年9月19日、シエナで死去、享年61歳)

ミシェル・フーコー(1926年(なんと!日本は昭和元年)、10月15日、フランスのポワチエで生まれる)〜1984年6月25日、パリで死去、享年57歳)

「死はひとりの人の終り。ひとりの人の死んだあとに残っているものはといえば、彼が他の人々に与えたもの、他の人々の思い出のなかにとどまっているものである。

  ノールバート・エリアス」

(『ミシェル・フーコー伝』(ディディエ・エリボン、田村俶(たむらはじめ)(新潮社)より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

「ヨーロッパに一匹の妖怪が徘徊している」

Ein Gespenst geht um in Europa...

「ヨーロッパに一匹の妖怪が徘徊している」

この言葉が最近はときおり頭に浮かぶが、マルクス、エンゲルスの『コミュニスト宣言』では、このあと、「コミュニズムという妖怪が」と続き、「古きヨーロッパのいっさいの勢力が、この妖怪を退治するための神聖な捕り物に加わるべく団結している。教皇とロシア皇帝が、メッテルニヒとギゾーが、フランスの急進派とドイツの警察が」となる。

果たして今は、妖怪の姿はなんだろう? コミュニズムではなく、資本主義(Der Kapitalismus)か? もっと新しい概念の妖怪かもしれないが。

*****

ここに引用した、Manifest der Kommunistischen Partei の訳は、筑摩書房の『マルクスコレクション Ⅱ』の「コミュニスト宣言」(この箇所は、三島憲一訳)を使用している。従来なら、「共産党宣言」としているテクストを、この本では、「コミュニスト宣言」と訳している。そのわけは、凡例に説明されている。

「一八七二年、八三年、九〇年の各ドイツ語版のタイトルが単に Das kommmunistische Manifest となっていることからも窺われるように、ここでの Partei には今日的な意味での『党』をイメージさせるほどの強い意味はなかったと思われる。また共産党、共産主義などの訳語は、あまりにも共同「生産」組織としての側面を強調しすぎており、原語に含まれるコミューン(共同体)としての解放的ニュアンスが伝わりにくい。このニュアンスを生かすならば「コミューン派宣言」という訳語が原語に近いかもしれないが、本書では定着した訳語との懸隔を配慮して、「コミュニスト宣言」とした」

(写真は、ロンドンの寂れた感じ(?)のスタバ((白い文字のない)バンの向こう))

Img_4397

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »