« 『コードネーム U.N.C.L.E. 』──イケメンふたりのキッチュなスパイもの(★★★★★) | トップページ | 『ブリッジ・オブ・スパイ』──「歴史」が心に染みる(★★★★★) »

2015年12月21日 (月)

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒 』──悟り顔のマーク・ハミルに星5つ!(★★★★★)

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(J・J・エイブラムス監督、2015年、原題『STAR WARS:THE FORCE AWAKENS』

 

 どうせお祭りである。お祭りの映画は、ほかにもある。たとえば、『007』→残念ながら、おとなオンリー。『ミッション・インポッシブル』→これもおとな向き。『ジュラシック・パーク』→お祭りというには、ちゃち。……ということで、もう、みんなが楽しめて、グッズなどもちょっと買ってみようかという気にさせてくれる映画は、『スター・ウォーズ』しかない。この映画の最大の魅力は宇宙への誘惑である。この点に関して、次回、マット・デイモンの『オデッセイ』がひかえている。風景、キャラクター、乗り物、「用語」など、「はるか彼方の」宇宙へと思いを馳せさせてくれるというところがポイントである。それと、長いシリーズ=サーガへの信頼である。

 本作、悪役がイマイチなど、いろいろ批判はあるだろうが、基本的な魅力をそこなってはいないと思うし、それなりの「更新」もしている。予定シリーズ全9作のうち、残すところ、あと2作となったが、本作では、前作の整理もよく行われて、物語はすっきりと理解しやすいものとなっている。

 主人公が若い女になったのもよいし、「二代目ダースベーダー」のお面取ったら、イケメンというのも今風である。新しいロボット、「オレンジと白」の、BB-8の登場もおもしろい。そして、ストーリーは、ルークを捜すことが柱となる。新しいロボットが持っていた宇宙地図の「部分」と、休止中のR2-D2が持っていた、「部分的」に欠けた「全体」の地図のホログラムを重ね合わせると、ルークの居場所(星)がわかる──。

 屑を拾い集めて売っては「食っている」、ヒロイン、レイが、「フォースに目覚める」──。そして、レイア姫の将軍などの期待のもと、ルークのいる星へ向かう。果たしてそこには、キリスト教の隠者めいた恰好の頭巾付の外套をまとった人物(『薔薇の名前』とか、『ダ・ヴィンチ・コード』でおなじみの)が崖から下を見下ろすように背中を見せて立っており……レイの気配にゆっくり振り向き、頭巾をずらすと……そこには、悟った顔の老いたルーク・スカイウォーカーが……で、映画は終わるが、その表情が実に劇的なのである。タイトル・クレジット、たったそれだけの出演で、ハリソン・フォードの次に名前を連ねている。ハン・ソロなんて、かつては脇だったのに。これは、出演料順か(笑)? あ、マーク・ハミル、『キングズメン』では、悪い博士になってましたけどね(笑)。

Wanta4_edited1

|

« 『コードネーム U.N.C.L.E. 』──イケメンふたりのキッチュなスパイもの(★★★★★) | トップページ | 『ブリッジ・オブ・スパイ』──「歴史」が心に染みる(★★★★★) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522563/63068335

この記事へのトラックバック一覧です: 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒 』──悟り顔のマーク・ハミルに星5つ!(★★★★★):

« 『コードネーム U.N.C.L.E. 』──イケメンふたりのキッチュなスパイもの(★★★★★) | トップページ | 『ブリッジ・オブ・スパイ』──「歴史」が心に染みる(★★★★★) »