« 詩集出しました | トップページ | 『沈黙 −サイレンス−』──俳優の肉体+風景美のカット+クリアな問い(★★★★★) »

2016年12月 6日 (火)

【詩】「飯島耕一が染みる朝」

「飯島耕一が染みる朝」

ブラッサイの写真集に書かれた、飯島耕一の文章を読んでから、なぜか気になりはじめた。それで、リビングの扉付き本棚にしまい込んでいた、一九七六年に出た(それは七〇年に出たものの第二版だった)、『シュルレアリスムの彼方へ』という銀色の本を取り出してきた。夥しい本を古本屋やブックオフに売ったが、この本はいつまでも、難を逃れていた。この本はどういう本かというと、飯島耕一と大岡信と東野芳明が、シュールレアリスムについて、いかに無知だったか、しかし、いかに熱中してたか、つまり、無知で熱中していることを、実にほがらかに書いた本である。そして、それだけ、シュールレアリスムの近くにあったと主張する本だ。

ああ、今更ながらに、飯島耕一が染みる朝であるが、とうの飯島耕一はそんなこと、あの世で、想像だにしないであろう。四十年も経てから、深く共感してくれる読者が現れようなどとは──そんな朝だ。

ボードレールが時間のように降ってくる。

Img_1762

|

« 詩集出しました | トップページ | 『沈黙 −サイレンス−』──俳優の肉体+風景美のカット+クリアな問い(★★★★★) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522563/68729766

この記事へのトラックバック一覧です: 【詩】「飯島耕一が染みる朝」:

« 詩集出しました | トップページ | 『沈黙 −サイレンス−』──俳優の肉体+風景美のカット+クリアな問い(★★★★★) »