« 【詩】「飯島耕一が染みる朝」 | トップページ

2017年1月23日 (月)

『沈黙 −サイレンス−』──俳優の肉体+風景美のカット+クリアな問い(★★★★★)

『沈黙ーサイレンスー』( マーティン・スコセッシ監督、2017年、原題『SILENCE』)

 

 フロイスの日本史によれば、本作の時代より百年ほどの前の織田信長の時代より、キリスト教徒の迫害は行われていて、それは、信長自身による、一種の「ジェノサイド」のようだった。キリスト教徒はもちろんのこと、ついでに反抗的な百姓など、ちょうどナチのユダヤ人迫害の時、ジプシーや同性愛者も「処分」されたように、権力にとって都合の悪い人間、組織からはみ出してしまったような人々もまとめて、老若男女を問わず、大勢が処刑されていた。その場所は、おもに、法華経の寺であった──。

 日本の国としては、ようやく百姓などの下部組織にいる人間たちが、「村」単位に支配、搾取されるのに目覚め、一揆を起こし始める。それには、キリスト教がもたらした、個人の人間としての目覚めが、人間扱いされなかった人々の意識を支えたとも言える。そういう「思想」は、キリスト教であれ、なんであれ、権力にとっては邪魔なのである。その運動の頂点は、十五歳くらいの天草四郎をリーダーとした、島原の乱であり、何十日も城に閉じこもって抵抗したのち、ついに投降した。そうした事件ののち、本作の主人公のロドリゴとガルペの、二人の宣教師は、消息を絶った師、フェレイラを探して、マカオ経由で日本に密航してくる──。

 ここに描かれているのは、あくまでフィクションである。ポルトガルからの宣教師が、すらすら英語で話すのも現実離れしている。ポルトガルならカトリックであり、オランダはプロテスタントだから、同じキリスト教とはいえ、少し違っていたろうし、南欧からの「宣教師」たちは、南米では、原住民を非人間的なやり方で洗脳しているのだから、この日本へ来て、逆に迫害されているのは、いったいどうしたことやら?と思ってしまう。

 しかし、隠れキリシタンの伝説はあって、そういう小さなエピソードを、純文学らしからぬ筆致で物語ったのが、遠藤周作の『沈黙』なのであろう。

 そういう話を映画化しようと、二十八年も温め、ここに完成となったのであるが、ほんとうの歴史はどうかとか、日本の僻村の景色にしては雄大すぎるとか、廃村に群がる猫が太っていたとか、そういう話はおいておいて、これはとんでもなくできのよいエンターテインメントなのであろう。

 まず、役者がすばらしい。欧米、日本とも、メインキャストは長身、すらりとした美丈夫が集められている。スパイダーマンのアンドリュー・ガーフィールド、『スター・ウォーズ』カイロ・レンの、アダム・ドライヴァーが、二人の宣教師を演じ、よれよれの衣装に美しい肉体を包んで、苦しみに身をゆがめる姿もさまになる。日本側も、立ち姿が美しい、浅野忠信、窪塚洋介をあて、欧米の二人に決してひけを取らない。

 特筆すべきは、当然、キリスト教徒迫害担当奉行「イノウエ」の、尾形イッセイである。常に笑いを浮かべ、拷問の指揮を取る。このキャスティングは、尾形が、十数年前、ソクーロフの『太陽』で、昭和天皇を演じたのを、きっとスコセッシは見たのだろうと思う。そこには、批評性さえ感じさせる申し分ない昭和天皇が演じられていた。尾形はこの時から、すでに国際派の俳優となっていたのである。

 コンフェッションをしに来る、村のオバチャンの片桐はいりも、結構セリフが多く、相変わらず声を出して笑わせたが、とくに浮いてはいなかった。

 こういう俳優たちの肉体にくわえ、美しい自然のカット(台湾で撮られたそうだが)、そして、人間の精神とはなんなのか?という、クリアな問いの提出をくわえるなら、スコセッシが映画で表現しようとしていることも、おのずと明確である。魅せられ、考えさせられ、まずは極上エンターテインメントに慶賀を表する。エンディングの、音だけの、夏を思わせる「見えない映像」にも、粋な洗練を感じた。

|

« 【詩】「飯島耕一が染みる朝」 | トップページ

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522563/69344935

この記事へのトラックバック一覧です: 『沈黙 −サイレンス−』──俳優の肉体+風景美のカット+クリアな問い(★★★★★):

« 【詩】「飯島耕一が染みる朝」 | トップページ