文化・芸術

2020年5月30日 (土)

「有名人」伊藤比呂美さまへ

「有名人」伊藤比呂美さまへ

伊藤比呂美さんが、Twitterで、以下のようなTweetを展開されていたのを、ついさっき知りました。私はブログが連動して表示する以外は、基本的にはTwitterを利用しておりません。あまりにも息の短いことしか書けず、しかも、点でしかものを見ることも、いうこともできません。伊藤さんも、以下のように細切れで続けることしかできませんでした。
私が書いたAmazonレビューには、(当然のことながら)不快感を表しています。以下、「返信」を挿入していきます。Twiiterで不可能でした。もしかしたら、伊藤氏が拒絶しているかもしれません。

私は本業は小説を書くものを目指していますが、伊藤比呂美さんは、身辺雑記の内容を切り売りする売文業者であり、その「助っ人」の豊崎由美さんは、書評を売る「書評家」です。

【伊藤比呂美(敬称略、以下【伊藤】と略】
拝啓山下晴代様。先日アマゾンで私の「道行きや」のレビューに、あなたからの酷評が載りました。私は基本的には、どんな思想もどんな考え方もそして表現も、封殺されるべきではないと考えます。ですからそれが、文章として最低にひどいものであっても、封殺されるべきではない。
実を言いますと私が今回立ち上がったのはこの点です。許せなかった。このようなひどい言葉を、私を助けようとしてくれた人に投げつけられるのが。あなたのレビューを批判した豊崎由美さんに対しても、同じくです

【山下】
「私を助けてくれようとした人」、これの認識が問題で、私は、「横やりを入れてきた用心棒」と見たわけです。
私は二十年くらいAmazonレビューを書いたり見たりしていますが、こういう「レビュースタイル」は私としては常のことです。しかし、モンクを言われたことは一度もありません。熊野純彦さんにも似たようなレビューを書いています。


【伊藤】しかしそれが一応批評/書評の形をとるならば、それなりのルールに従ってもらいたい。あなたのこれはルールに従っていないので、取り上げるべきではないのですが、いろいろ考えるところがあり、つづけます。

【山下】お金をもらってする批評家、書評家は、好き勝手は書けない。Amazonという商店が独自に設けているルール、あるいは、警察レベルのルール以外、ルールがないのが、レビュー界で、それをしらずに、自分に都合のいい作法をレビュアーに押しつけるのは、世間しらずもいいとこということです。

【伊藤】自分と違うということでそれを認めないのではそこに文学がうまれる素地がなくなってしまうではないですか。
あなたはがわたしに対してこのような個人攻撃をするその理由を考えてみました(「女の一生」のときも同様の酷評されました)。このような事は、実に個人攻撃になるのでやめたかったのですが

【山下】私が「女の一生」について何か、書きましたか? それとも別の人ですか? その書き手と、読者をすべて、十把一絡げにするわけですね。

【伊藤】目には目を、歯には歯をということばもあります。何十年も前に私はあなたから直接の連絡をもらいました。同じ詩人で同世代です。会ったことはなく、名前は知っているという程度でした。そのときいきなりあなたが切り出したのは、「仕事を紹介してもらいたい」と。私は大変驚きました。

【山下】ここのところ、少し記憶違いがあられるようです。「編集者を紹介していただきたい」と手紙で書いたのです。実を言えば、それはまったく私の考えではありませんでした。

【伊藤】私たちの業界はそういう頼み事は、基本的にしないと信じていたからです。私たちは、カネはないがプライドはある仕事なので、そういうふうに他人のおこぼれを預かるという事はしない。でもあなたがそれをしてきたので、私が戸惑ったのは当然のことだと思います。しかし私はこのようにナイスな人間なので

【山下】上にも書きましたように、それをしろと私に提案したのは、集英社の文芸誌「すばる」の副編集長(当時)でした。「業界」が違ったようですね。

【伊藤】その戸惑いをなるべく表さず、当時懇意だった地元紙の記者を紹介しました。あなたはそこで映画評をはじめたと思いますが、どれくらい続いたか、評判はどうだったかは知りません。わたしはわたしの日常にもどりました。あなたの「レビュー」の中にある、有名人や一般人という言葉は、この経験をふまえて

ひねくれあがってできたものと考えました。くり返しますが、私はその時あなたに、なぜそのような卑しい行為をするのかと問い詰めた覚えはまったくありません。

【山下】すみません。その「卑しい行為」は、文学業界でも、田村隆一などに、祝婚家などを書いてもらった、この「業界」では、酸いも甘いもかみ分けた人でした。ちなみに、『田村隆一詩集』((第二だったかな? 思潮社)に「祝婚歌」があり、その横に彼の名前が書いてあります、恨むなら、その人を恨んでください。蔑むなら、その人を蔑んでください。今、存命かどうか知りませんが)

【伊藤】アマゾンのあなたの文章にわたしはたいへんいやな気持ちになりました。こんなこと、よくある、と思いつつ、いやな気持ちは消えませんでした。つい先日あったリアリティ番組の若い出演者の感じたことなど、ほんとうに身にしみました。それでわたしはtweetしたのですが、それを読んで、

大いなる義侠心で、とても良いレビューを書いてくださった人がいました。それに対してあなたはブログ上で、この人に対して心ない言葉を投げつけた(「名文」とほめてはいたけどね)。

【山下】YOTAという名前で、おそらくは、Amazonレビュアーをバカにしていた豊崎由美さんではないでしょうか? 非常に抽象的な感情的な文章で、書き慣れた感はありました。こういうふうに、褒められたいんですね。
「大いなる義侠心」とか、助っ人とか、まるでヤクザじゃないですか。

【伊藤】実を言いますと私が今回立ち上がったのはこの点です。許せなかった。このようなひどい言葉を、私を助けようとしてくれた人に投げつけられるのが。あなたのレビューを批判した豊崎由美さんに対しても、同じくです。

【山下】「私を助けようとしてくれた人」、この考えがすでにして、「有名人」のヤクザです。

【伊藤】詩人として、文章を書いて売る者として、これまで、それはたくさんの酷評悪評批評ともいえないののしり文を投げつけられてきました。基本的に私たちは言われっぱなしです。いろいろな感じ方がある、考え方がある、価値観がある。それをまた血肉にして次の作品ができてくる。そう思っておりました。

【山下】「われわれ」一般人も、「有名人」の方々に、言われっぱなしではないですか? 

【伊藤】しかし昨今、web上のこの軽々しく、ルールも何もなく、人を攻撃する行為、ほとんど嗜癖のような行為が、世の中に蔓延しています。雑誌や新聞のようなしっかりした編集者の目も通さずに垂れ流されるこういう表現だらけになってきて、しばらくは、それも仕方がないと思ってきましたが

【山下】「雑誌や新聞のようなしっかりした編集者の目も通さずに」って、あなたの今回のエッセイが、しっかりした編集者の目を通しているとは、とても思えませんでしたので、こちらも「あえて」書かせていただきました。

【伊藤】黙っていられるか。立ち上がるべきだと思いました。

【伊藤】1つの作品を書くのにどれだけの命をけずるような思いをしているか、いやもちろんそれはこちらの事情、そんな苦労をしてもだめなものはだめだ。しかしそうやって必死で書いたものを、このようにろくに読まずに(ちゃんと読めば、こんなことを言われる筋合いのないものだとハッキリと自負しています)

【山下】買った(今回場合、友人が、ですが)本をどのように読もうが買った人の自由(小林秀雄)ですが、あれは、ひどいシロモノですよ。あんな生活(『道行きや』参照)していれば、なにを書くのも、「命をけずる」ような目に遭わねばならないと思います。あなた自身は、ひっちゃきになって書かれているかもしれませんが、ほんとうの文学はそんな状態では書けません。

【伊藤】自分のゆがんだ私怨のために、からかわれ、いじめといえるやりかたでもてあそばれることに耐えようという人がいたら顔を見たい。以上です。これ以上会話はつづけません。やめなさい。恥ずかしい行為であることを知りなさい。何十年も前の、あの尊敬すべき詩を書いていたあの頃の心を取り戻しなさい。

【山下】長い間、私は自分の事情を公にはしませんでした。いま、時効と思うので、いいます。
私は集英社の文芸誌『すばる』に、小説を四作発表し、五作めも載る予定でしたが、かならずしも快心の作とはいえず、何か違うと思いましたので、みずから取り下げました。そして、以後、数十年の文学修行の旅に出ました。「作家志望諸君へ」というエッセイにあった、小林秀雄の勧めにしがって、「最低二カ国語以上の外国語をマスターしなさい」とあったので、英語、フランス語の修行をしてきました。どちらでも、通訳、翻訳で、仕事ができる程度にはなっています。とくに、フランス語は、テキストは自在に読めるようになったので、ミシェル・フーコーの研究をしており、Webでも少し発表しています。これは、上記の編集者も認めてくれていることです。
テクストを読んでおれば、自然に引用は頭に浮かびます。あなたのエッセイには、なんらそんなところはなく、ただの身辺雑記書き流しです。
(エッセイにあった)熊本に友だちがいるということですが、まー、私から見ると、あなたが帰国されたおり、三千円もするウナギを食べいくことなど、友だちとは言えません。友だちとは、あなたに代わって、親の面倒も見てくれる人のことです。私は、あなたの今回のエッセイ集を読んで、「わざわざ不幸を選んでいる」と思いました。なるほど、ナイスな人間ね。でも、ナイスな人間だったら、そこまで不幸ではないはず。犬を預かってくれる「城さん」(なぜか実名?)も、それほどよくは書いてなかったし。だいたい、文筆一本で食えていたら、あちこち仕事のために移動することもないと思います。犬を飼おうと思ったら、身代わりになるくらいの覚悟がないと。
あなたの経験なさったことは、一般人にとっても、そうそう目新しいことではないと思います。
そして、あなたのエッセイは、精神科医に日常生活を報告して安心する、そんな内容みたいだなーという印象を持ちました。普通は、そういうものは切り売りしません。しかし、あなたは、それを商売にして、えらそーに、上から目線で、一方的に反論して、「対話は打ち切ります」と、勝手なことを言い放ち、それこそ「指示してくれる人々を味方に」、無名人を叩く、これが「有名人」の権力でなくてなんですか?

註:豊崎氏指摘の、「(笑)」の多さは、「余裕のなさの証拠」だということなので、というか、すでに大昔、編集者に、「(笑)は、やめなさい」と言われていたのですが、今回は、入れたいところもあえて入れませんでした。私も小説を志向する人間ですから、どのような文章も書けますが、webでは、現実感を出すために、「(笑)」や「(爆)」は濫用しています。

あ、そうだ。いま、「みちゆき」という小説を思いついたので、その題で書こうかなと思ってます。当然ながら、これは、細田傳造氏の詩集『みちゆき』から思いついたのであって、しかも、たしか、あなたのエッセイ集にもいっさい言及がなかったと思いますが、その「発明者」近松門左衛門についてです。

ご健筆を草場の陰からお祈り申し上げております。

(豊崎由美さんへのブロックは、公平でないので解いておきました。ら、さっそくご登場です)

 

 

 

2016年12月 6日 (火)

【詩】「飯島耕一が染みる朝」

「飯島耕一が染みる朝」

ブラッサイの写真集に書かれた、飯島耕一の文章を読んでから、なぜか気になりはじめた。それで、リビングの扉付き本棚にしまい込んでいた、一九七六年に出た(それは七〇年に出たものの第二版だった)、『シュルレアリスムの彼方へ』という銀色の本を取り出してきた。夥しい本を古本屋やブックオフに売ったが、この本はいつまでも、難を逃れていた。この本はどういう本かというと、飯島耕一と大岡信と東野芳明が、シュールレアリスムについて、いかに無知だったか、しかし、いかに熱中してたか、つまり、無知で熱中していることを、実にほがらかに書いた本である。そして、それだけ、シュールレアリスムの近くにあったと主張する本だ。

ああ、今更ながらに、飯島耕一が染みる朝であるが、とうの飯島耕一はそんなこと、あの世で、想像だにしないであろう。四十年も経てから、深く共感してくれる読者が現れようなどとは──そんな朝だ。

ボードレールが時間のように降ってくる。

Img_1762

2015年6月27日 (土)

詩「鹿児島中央」

「鹿児島中央」

さくらは、そのような名前の駅へ向かって走ります

「かごしまちうおー」という音が私の頭のなかで響く

それは、三波春夫の『俵星玄蕃』の、「めざすは、まつざか、ちうおー」という音と「完全一致」する、しかし

三波の語っている言葉を文字にすれば、「目ざすは、松坂町」、つまり、「ちうおー」と発音された言葉は、「中央」ではなく

「町」であった、つまり、

三波は、「まつざか、ち・よ・お・う」と発音し、それが、

「ちうおー」と聞こえるのだ

なぜか、三波は、俵星玄蕃が槍を取って、赤穂浪士の討ち入りの助太刀に行く場面をセリフで描出するのに、

「松坂町」の、よりにもよって、「町」の文字をいちばん強調しているのである

その理由は、それが歌へと移るセリフ部分の最後で、歌へと

繋げるため、劇的場面を盛り上げるために、この物語には

あまり意味のない、「町」という言葉を最大限に印象深くかたっている

なにも江戸時代の人形浄瑠璃の語りなどを、わざわざ「古典」から「学ば」なくても、われらが三波春夫が全部やっちまっているんである、あの

唇を噛みしめて、ぐいとエネルギーをため込んだ発声のしかたで、日本人の最大限の「劇的」を歌い込んでいく

めざすは、まつざか、ちうおー

小倉駅のホームで、「鹿児島中央」と、電光掲示板に表示されたその文字を見るたびに、三波の声がよみがえるのだ

しかし、住んでいる博多から小倉へ新幹線で行くとき、当然ながら「鹿児島中央」はない

それは「新大阪」だったりする

ところで道場で槍を教えている玄蕃は、真夜中、山鹿流の陣太鼓の音を聞いて、いざ助太刀と、長押の槍を取って雪の夜の江戸の町に飛び出す

その陣太鼓の合図は、「いちうち、にうち、さんながれ」である。

「ゆきをけたてて、さっく、さっく、さくさくさくさく──」

「昼間別れた蕎麦屋はおらぬかあ〜?」

「せんせーい!」

「おお! そばやかあ〜!」……おっと今はもう弟子の蕎麦屋ではなく、赤穂の義士、名は、羽織の襟に書かれている、杉野十平次どの。

持ち出した「武器」は、刀、槍、のほかに、げんのう、のこぎり? つまりはDIYの道具?

吉良の首「かくにん」

明け方にはすべて終わり、一向は、菩提寺である、高輪泉岳寺へ

「汽笛一声新橋を〜♪」やがて「高輪泉岳寺、四十七士の墓どころ〜」

そして「鹿児島中央」、かごしま、ちうおー!

2015年6月21日 (日)

ほんとうの詩の朗読はこうあるべき

ほんとうの詩の朗読は、こうあるべき。

日本では、よく、政治家の演説もそうであるが(笑)、自分の詩なのに、原稿を見ながら朗読しているのを見受ける。だけど、自分の詩なんだから、諳誦して朗読したら、どうだ? あれは一種の照れ隠しなのか(笑)?

この若き詩人は、かつては、女性だった。今、男性へ移行しつつある「トランスジェンダー」である。彼は、かつて女だった自分への手紙を詩にしている。

エミリーへ。

野球放送を見ていて感じたこと、父との関係、乳房を削除し、生理を止めたこと──。外面と内面に起こったことを誠実に詩にして、かつての「女だった自分」への惜別としている。詩は訳しません。それぞれが味わってください。

最後に、「エミリー、きみを憎んだことは一度もないよ」

http://www.seventeen.com/life/news/a31575/a-letter-to-the-girl-i-used-to-be/

2015年4月28日 (火)

大石良雄へのソネット

「大石良雄へのソネット」

夕闇の底冷えのする江戸の町をさまよい、

大石はふと思うのだ。

もしも、ああした事件がなかったら、

ただの昼行灯と呼ばれる平凡な男として、

生を終えたに違いない。

彼の胸に甘くよぎるのは、血まみれの大八車、

殿の、切り離された頭と体が載っていた、ではなく、

鈴ヶ森で鳴く烏たちでもなく、

山科で契った女でもなく、マーラーの交響曲第一番。

いまの聖路加病院のあたりが、殿が切腹された場所。

大石は二年後、自分の息子を含む四十五人の家臣とともに、同じ最後を遂げた。

四十六人の戒名すべてに、「刃」という文字が入れられている。

それは大石の望むところではなかった。

彼はむしろ「夢」と。

2015年4月21日 (火)

ミシェル・フーコーへのソネット

ミシェル・フーコーへのソネット

きみにシェークスピアのソネットの有名な第十八番を贈ろう。

きみはまだドイツのある街にあるカント記念館の若き館長で、

そこで大変な間違いを見つけた。

だが、歴史はそれを問題にしない。

人々はそれを忘れ去る。

きみはドイツ語が得意で、世界は、まだ完成されていない。

きみは男の恋人のことを思う。

ゲーテがワイマールで人妻を思ったように。

鷹か、鷹だ。飢えた鷹だ。朝一で獲物を探している。

ゲーテがそれを詩にして、さらにベケットがそれを詩にした。

詩は、鷹の狙う獲物に似ているじゃないか。

実際、時間はなにを運ぶのか。

ベラスケスの『侍女たち』のなかには何が隠されているのか。

それは画家の視線とか"われわれ"の視線とか、そういったものじゃないだろう。

A sonnet to Michel Foucault

That Shakespeare's sonnet number 18 is given for you.

You are still young director of Kant's memorial hall in a town in Germany.

Where you've found a big mistake.

But history do not take notice of it.

They forget it.

You are very good at German, and the world is not comlete d yet.

You think about a male lover.

Like Goethe who thought about a married woman at Weimar.

Hawk? Yeah, a hawk. A hangry hawk. Seeking for prey first in the morning.

Goethe wrote him in his poem, and Beckett wrote them in his.

Don't you think poem looks like prey aimed by hawks?

What does time carry actually?

What is hiden in Velazquez,s " Las meninas"?

No, not painter's look, nor "ours" at all.

Img_2941

2015年4月12日 (日)

『バードマン』レビューの補記あるいは、分析

 本作は、個人的にも好みの、というより、ほとんど自分の目ざしていることと近すぎて、いろいろ疑問が出てくる。いい映画ではある。それゆえ、時間をかけて考えてみたいと思う。

 たとえば、終盤、出番を控えた楽屋で、銃を出し、それに実弾である「マガジン」を充填した。銃は劇中の小道具であるが、ここで、リーガンが舞台の上で自殺を試みることが「示される」。それをさらに補強するかのように、幕の袖(そこから登場する)へと至る舞台裏の通路を歩いていくと、小道具係が、「何度も」、「リーガン、銃は?」と声をかける。リーガンは無視してすすむ。小道具の銃は受け取らない。実弾入りの「自前の銃」を持っているから。いよいよ、その場面、無価値のおのれの存在をののしりながら銃を出してこめかみにあてる……。バンッ!銃が発射されるが、(映画の中の)「暗転」となり、次には、リーガンは病院にいる。彼が「生きている」ことが「示される」。ここで、私は、「なんで?」と思った。では、あの「ほのめかし」なんだったのだ? 考えられることは、リーガンがおのれのこめかみを撃つ瞬間、気が変わって、銃を持った手をこめかみがら外した。それが遅れて自分の鼻を撃つことになり、「鼻を失った」。『ハングオーバー』のだらしないデブだったが、痩せて(笑)ヤリ手の弁護士となって登場しているザック・ガリフィアナキスが、「その鼻が気に入らなかったら、何度でもすきな鼻と替えるがいい」みたいなことを言われ、ついでに、「メグ・ライアンの整形医を紹介してもらうか」みたいな楽屋オチ的ギャグ(この映画には満載であるが)を言う。

 レイモンド・カーヴァーの作品「愛について語るとき我々の語ること」の舞台化であるが、登場人物の三人がテーブルを囲んでいて、そこに、リーガンの役が登場し、みたいなシーンが何度も繰り返される。芝居の全体は見せない。この場面と、ナオミ・ワッツとエドワード・ノートンがひとつベッドに寝ているところに、銃を持ったリーガンが登場し終局へと至る、このふたつの場面のみである。このあたりが、洗練されていると見る。つまり、素材としての芝居の場面は最小限に抑えられている。

 最後、顔の上部、つまり、バードマンの被り物をしているときちょうど隠れている部分と重なるが、その部分に銃の自殺未遂によるケガを保護している包帯というか絆創膏というか、白い当て布がされているが、ベッドから起き上がったリーガンは、鏡の前に行きそれをむしり取って、おのれの悲惨な顔をつくづく眺める。窓辺へ移動。窓をあけ、再び自殺の試み?と思わせる場面となる。そこから「飛び降りたかのような」印象を与えるシーン。娘のエマ・ストーンが花を活ける花瓶を持って戻ってくる。パパがいない。不審に思ってあちこち探し、窓が開いているのに気づき、不安な顔で近づく。窓の下を左右に探すエマ・ストーンの顔。やがて、視線は上の方へ向き、その表情のみで、リーガンがバードマンになって空を飛んでいるのだろうことが示される。ここは自然な動き、なめらかな表情の転換が必要とされるが、映画なら、編集でなんともなるので、とくに演技力は必要とされないかもしれないが、まあ、あの笑顔はそれなりの演技力ではあった。

 この映画について、「まるで切れ目なしに撮影されたかのような」ということが、「宣伝」もあるのだろうが、騒がれたが、いま、編集技術を高度になっているので、たとえそうであったとしても、そんなことをやっても意味のないことは監督自身がわかっているだろう。

2014年12月17日 (水)

「ときどきのマラルメ」1

「花々」より(『ドゥマン版』より 拙訳)

くすんだ青の黄金の雪崩たちが

はじめてにして天体たちにとっては永遠の雪の日

その昔きみは大腎杯を切り離した

まだ若く災厄を知らない土地のために、

[Mallarmé de temps en temps](mercredi 17 décembre)

De "LES FLEURS" (de "EDITION DEMAN")

Des avanches d'or de vieil azur, au jour

Premie et de la neige éternelle des astres

Jadis tu détachas les grands calices pour

La terre jeune encore et vierge de désastres,

Img_1776

2014年11月22日 (土)

ヴィゴ・モーテンセンに「ウェルカム・ボート、マム」と言われたい(笑)

(アメリカでいちばんセクシーと思われる俳優、ヴィゴ・モーテンセンと、「アメリカの良心」と言われる学者のハワード・ジン(故人)が友だちであり、モーテンセンは、ジンの活動に協力していたというニュースを見て、急に思い出した↓)

 かなり前に、デミ・ムーア(いろいろ「お直し」している俳優が多いが、デミは高校時代の写真と、一番人気のあった頃の写真がほとんど変わらなかった。その後、ストリッパー役のため、すごいお金をかけて、体を「お直しした」とも言われるが……(笑))が、海軍だかの軍人で、「女でもできるキャンペーン」のため、海兵隊に入れられ、地獄の特訓を受ける。生え抜きの男子軍人でもネを上げる、アメリカ一厳しい特訓である。

 その教官を、ヴィゴ・モーテンセンが演じた。顔はサングラスをしてよく見えないが、スリムな肢体、アゴのライン、イケメンであることが丸わかりであるが、情け容赦ない鬼の教官である。

 デミは鍛え抜かれる。いっさい手抜きなし。教官からは、まるでゴミのように扱われる。しかし、見事合格し、白いマリンの制服を着て、乗船する──。

 合格者ひとりひとりを、合格の印を与えつつ出迎える教官。これまで、ゴミのように扱っていた教官が、恭しく手を差し伸べる。

「ウェルカム・ボート、マム」と言って。

(写真は、カンタブリア海@北スペイン、向こうは、イングランド)

Canbria_o1

2014年11月21日 (金)

芥川龍之介に捧げる句

草餅や世を古妻の乳の垂り   芥川龍之介@大正13年(1924年、第2次護憲運動おこり、護憲三派による加藤高明内閣成立。築地小劇場開かれる。メートル法使用始まる。前年には、関東大震災。朝鮮人虐殺。大杉栄ら殺される)

3年後の昭和2年(1927年)、1月2日、芥川36歳、義兄(姉の夫)西川豊宅全焼、鉄道自殺のための後始末、整理にに奔走。

7月24日未明、田端の自宅にて、ヴェロナール及びジャールの致死量を仰いで自殺。枕元に聖書があった。

7月27日、谷中斎場にて葬儀。

先輩総代、泉鏡花

友人総代、菊池寛

文芸家協会代表、里見弴

後輩代表、小島政次二郎

の弔辞。

(『芥川龍之介全集 第12巻』(1978年、岩波書店刊)より)

毒あふぎベアトリーチェと夜寒かな  山下@2014.11.21

Kabe_3

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト