【詩】「須磨(すま)」


「須磨(すま)」

 

架空の人物と実在の人物との間は、言葉が欠かせない、

または、過ちに罰が必要なのと同じだ。

源氏はそう自らに言い、須磨へ行く決心をした、まるで、

実在の人物のように、悲しみだけが地面に降りそそぐ。

いま、月の出を待って思いのたけを吐露したかと思えば、こんどは、

きみのことを思っている、欲望が雲のように月を覆うのだ。

きみとふたりっきりになりたい、いやそれはいけないと考えなおす。

また、ときには、海に流れゆく人形にわが身をかさね、

歴史に現れた亀裂の理解に苦しむ。

渋谷では若者がウイルスなんてかんけーねーと遊びほうけているそうだ、

そう、オレっちは軽い症状ですむしさー、死ぬのは年寄りだ、

そうですかね。そこはまだ都にすらなっていない、

 そこはまだ、石ころごろごろ、ヤブ蚊がぶんぶーん、だけど〜♪

 知らざりし大海(おほうみ)の原に流れきてひとかたにやはものはかなしき

 



コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト